【宇佐美日記】SNSの発信はめちゃ良いこと。一方で誹謗中傷については…

カテゴリ:連載・コラム

宇佐美貴史

2020年06月25日

『宇佐美貴史』を正しく知ってもらえるんかなと考えるようになり…

サッカーダイジェスト誌上で10年間に渡り連載中の「宇佐美日記」。今回はその最新版をお届けする。写真:徳原隆元

画像を見る

『サッカーダイジェスト』誌で2010年から10年の長期に渡って続けている連載「宇佐美日記」。毎回、心に響いた言葉をテーマに本音と思いの丈を綴り、時にシリアスに自己と向き合い、時に関西人らしいユーモアを交え、時に天才肌ゆえの独特のサッカー観を披露する。同誌と宇佐美自身が誇りとする人気コラムだ。
 
 今回は、その最新版をお届けしよう。6月25日発売号に掲載された第156回では、自身も利用しているSNSの良さと、その手軽さが招く残念なことについての見解を述べてくれた。
 
 テーマに挙げた言葉は自身のYouTubeチャンネル登録者からのメッセージ、「救われています」である。

―――◆――◆―――

 SNSを利用していると、嬉しいコメントやダイレクトメールがたくさん届く。その言葉に励まされたり、力をもらったり。「楽しい動画に救われています」と言ってもらったこともある。

 思えば、僕がSNSを始めたのはプロになってすぐ、17~18歳の頃だった。僕たちアスリートは時にたくさんのメディアの人に囲まれることもあり、そこで話すことがそのまま自分のイメージになっていくことに違和感を覚えたのがきっかけだ。

 メディアの中には懇意にしている人もいれば、初対面の人もいる。前者なら信頼関係も築けているのでこちらの言いたいことをしっかりと汲み取ってもらえるけど、正直、そうじゃない人もたくさんいる。

 しかも、それを楽しむ側の人たちが、僕とメディアの方との信頼関係まで加味して見聞きしているとも限らない。にもかかわらず、世の中に出回る僕の言葉や発言はすべて、自分のイメージになっていく。

 果たして、それで『宇佐美貴史』を正しく知ってもらえるんかなと考えるようになり、ブログで自分の思いを伝えるようになった。
 近年は特にインスタグラムやYouTubeなどのツールを利用して、自分から発信することが手軽になった。僕に限らず、多くの芸能人やアーティスト、アスリートがSNSを利用して発信しているのも、めちゃ良いことやと思う。

 それを見ることで、相手との距離を近くに感じられたり、人生、生活のハリや楽しみになっている人も多いはずやから。僕も他の人のSNSを見てそんな風に感じることもある。

 ただ、一方でその手軽さが招く、残念なこともある。書き込みやダイレクトメッセージによる誹謗中傷だ。名前はもちろん、顔も年齢も性別も分からない人から一方的にひどい言葉で罵られる。

 書いている人は1対1で送っているつもりでも、その数が増えれば、送られた本人は集団で囲まれて罵詈雑言を浴びせられているような気持ちになるはずだ。少なからず、僕も経験はある。

 でも、だからと言って言い返そうとは思わない。名前や顔、性別、その人のバックグラウンドも知らずに何かを言い返すことでイコール、僕が相手を誹謗中傷することになりかねないからだ。ましてや、そこからさらに誹謗中傷が生まれるようなマイナスな連鎖も望んでいない。
【関連記事】
宇佐美貴史が選ぶJ歴代最強チーム「毎試合『今日は何点取るんやろうな』と予想しながらスタジアムに行った」
「誹謗中傷をするのは本能やから」「教育が最も大事」本田圭佑がネット問題に更なる見解を示す!
「傷ついている誰かは誰かの大切な人…」中村憲剛がSNSの誹謗中傷に訴え。“子育て論”を交えて思いを綴る
「『結論』俺んところに来い」「弱い人を狙うな」本田圭佑がSNS誹謗中傷問題に持論!フォロワーから賛否
FC東京が差別・誹謗中傷の発言に“NO‼”。「重要なのは受け手がどのように感じたか」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ