ドイツ人記者が選ぶブンデスリーガ過去20年のベスト11「唯一バイエルンでプレーしなかったのが…」【現地発】

カテゴリ:ワールド

マルクス・バーク

2020年05月21日

監督をひとりに絞るのは難しい選択だった

監督には香川らを擁してリーグ連覇を成し遂げたクロップを選んだ。(C) Getty Images

画像を見る

 2トップもバイエルン勢になってしまうのは、致し方ないだろう。ひとりはドルトムントでワールドクラスへと成長したロベルト・レバンドフスキで決まり。リーグ史上3位、外国人としては最多の228ゴールを叩き出すなど、フィニッシュの上手さは格別だ。コンビネーションプレーという点でも世界トップクラスに入るだろう。

 FWのもうひとりは、意見が分かれるところかもしれない。41歳となった今でもブレーメンでプレーしているクラウディオ・ピサーロと迷ったが、ジオバネ・エウベルを選んだ。過去20年となると、シュツットガルト時代とバイエルンでの最初の2シーズンは含まれない。それでも、残りの4シーズンのリーグ戦120試合で68得点を記録した決定力の高さは印象的だった。

 ユルゲン・クロップかジョゼップ・グアルディオラか、監督をひとりに絞るのは難しい選択だった。バイエルンを新しいフェーズに導いたペップも称賛に値するが、何もないところからドルトムントを2度のリーグ制覇(うち1回はDFBカップとの2冠だ)とチャンピオンス・リーグ決勝進出に導いたクロップを選んだ。大金を使わずに自身のサッカーにマッチする選手を集めて戦術を植え付け、何年にも渡ってアグレッシブで魅力的なゲームを見せてくれたからだ。

文●マルクス・バーク
翻訳●円賀貴子

【著者プロフィール】
長年ドルトムントを中心に取材を続け、ドイツ公共放送の人気スポーツ番組「Sportschau」のウェブ版でドイツ代表番も務める。ドルトムント在住。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ