ポグバ、コウチーニョ、ヴェルナー、ラウタロ――いま、去就が気になる選手たちの動向を移籍専門記者が語る!

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年04月29日

二人の名将が欲する大型CBは?

ナポリを牽引する存在となっているクリバリに迫っているクラブは――。 (C) Getty Images

画像を見る

 またジョゼ・モウリーニョのプランが注目されるトッテナムの補強に関しては、ナポリのカリドゥ・クリバリが候補になり得るとの見解を示した。代理人とチェアマンの関係が非常に良好だと指摘している。

「クリバリはアンチェロッティもエバートンに加えたがっている。代理人はプレミアリーグのクラブと非常につながっているんだ。だから、プレミアリーグ移籍の可能性は非常に高いと思う」

 リバプールなどへの移籍が注目されているレッドブル・ライプツィヒのティモ・ヴェルナーについては、「移籍することは確かだと知っている。代理人が解決策を見つけようと動いているところだ。ユベントスやインテルとも話している」と話した。

「おそらくリバプールとも話している。以前から望んでいるからね。現時点で彼が適切な選手かは分からない。リバプールの前線はおそらくだれも必要ないポジションだからね。だから、ベンチに座るかもしれない選手に大金を費やすのは難しい。ただ、今はヴェルナーに関してリバプールとライプツィヒの取引はない」
 

 バルセロナ移籍が騒がれるインテルのラウタロ・マルティネスも今夏の目玉となり得るが、ディ・マルツィオ記者は、「契約解除金が設定されているが、バルサはそれをキャッシュで払うことは望んでいない。だから合意の必要があるが、まだ至っていない」と述べている。

「キャッシュと他選手を絡める取引となる。ネルソン・セメド、ジュニオール・フィルポ、アルトゥーロ・ビダルなどだ。アントワーヌ・グリエーズマンはサラリーが高すぎる。今は話し合いが止まっており、バルセロナはこれから取引に戻るか決める。毎日ではないが、両クラブはこの数週間話してきた」

 はたして、動向が注目されるビッグネームたちは、今夏をどのような形で過ごすだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ