大久保嘉人が選ぶJ歴代ベスト11「憲剛さんは“別格”。ヒデさんは強烈だった」

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年04月27日

スキラッチかフッキで迷ったけど…

中村(左)とは川崎時代にコンビを組む。この司令塔の絶妙なアシストから大久保は得点を量産した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 一方でFWとGKは、同じピッチには立っていないけど、映像を観てインパクトを受けた人たち。

 前線は強烈。エムボマは左足のシュートが豪快でフィジカルが圧倒的だった。ああいうFWをマークするDFは嫌やろうなと。スキラッチは得点感覚が抜群。身長は大きくないけど嗅覚が鋭くて、90年のワールドカップで得点王を取れたのも納得。センスを感じるし、こういう選手はどこに行っても活躍できそう。それにでかいFWと組ませたら、いくらでもゴールを奪えそう。そういう意味でもエムボマとのコンビは良いと思う。スキラッチかフッキで迷ったけど、フッキの場合はエムボマと組ませた時に、ふたりとも左利きになってしまうからね。

 GKの(松永)成立さんは小学生の時にビデオで見て驚いた。身体能力が高く、対峙したくないタイプです。

 監督は風間さん。選手への伝え方が本当に上手くて、川崎時代に指導を受けてチーム全体が底上げされる感覚がありましたね。パスをつなぎ倒すスタイルも楽しいし、川崎でも名古屋でも実際にそれを貫いていてファンを魅了しているのは素晴らしいと思う。そしてなにより俺自身、あの監督の下で3年連続得点王になれた。感謝しかありません。

 戦い方はやっぱり超攻撃にいきたいですね。強いCB2枚と運動量のある長友に守備は頑張ってもらう。右サイドのウッチーにはつなぎ役。ヒデさんも攻撃的にいけるけど、俺的には憲剛さんにより前に出ていってもらうイメージかな。左の真司はパスやドリブルで打開できるし、右のアキはガンガン前にボールを運んでほしい。そんで、前線の助っ人ふたりも合わせてコンビネーションで崩して攻め勝つ!! そう考えると、結構バランス良くまとまったんじゃないかな(笑)

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

※『サッカーダイジェスト』2020年5月14・28合併号より加筆し、転載。

【PHOTO】カズは赤のスーツ、中山はドゥンガの代わり⁉その年のJリーグを彩った歴代MVPを一挙紹介!(1993~2019)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ