リバプール移籍3か月でノーゴール。厳しい現実に南野拓実は焦るべきか――英国人記者の考察は?【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

スティーブ・マッケンジー

2020年03月10日

ある意味での自己顕示欲は必要だが…

クロップ監督からチャンスは与えられている南野。今後の活躍に期待したい。 (C) Getty Images

画像を見る

 そもそも南野が主戦場とする最前線でスタメンを張っているのは、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネだ。このいずれも圧倒的な個性を持った名手たちと競争するのは楽ではない。

 もちろん、彼らに臆せず、ある意味での自己顕示欲を示すことは重要だが、今は我慢の時だ。リバプールは、プレミアリーグで2位マンチェスター・シティに25ポイント差をつけ、優勝をほぼ手中に収めており、今後、より多くのチャンスが彼に回ってくる可能性は高い。そこで自分を証明すればいい。
 
 FAカップのチェルシー戦でも、味方からチャンスボールはこなかったが、フリーになるシーンは多くあり、オフ・ザ・ボールの動きは徐々に良くなりつつある。あとは周囲とのフィーリングさえ馴染んでくれば、ゴールを奪う日も訪れるだろう。

 もちろん、3か月でノーゴールという結果は、移籍前の期待度を考えれば、センセーショナルと呼べるものではなかった。だが、25歳の日本人がクロップの下で才能を開花させるのは、時間の問題だと私は楽観視している。

取材・文●スティーブ・マッケンジー(サッカーダイジェスト・ヨーロッパ)

スティーブ・マッケンジー (STEVE MACKENZIE)
profile/1968年6月7日にロンドン生まれ。ウェストハムとサウサンプトンのユースでのプレー経験があり、とりわけウェストハムへの思い入れが強く、ユース時代からサポーターになった。また、スコットランド代表のファンでもある。大学時代はサッカーの奨学生として米国の大学で学び、1989年のNCAA(全米大学体育協会)主催の大会で優勝に輝く。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ