ポポヴィッチ新体制の町田がJ1王者を相手に奮戦! 新チームの現在地を指揮官はどう評したか?

カテゴリ:Jリーグ

郡司 聡

2020年02月01日

ポポヴィッチ監督は守備面で手応え。課題はやはり…

今季新加入のマソビッチ。持ち前の突破力でチャンスを創出した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現在の主力と目されるメンバーが出場していた2本目の18分までの時間帯は「引き分けに終わった」(小田)ものの、パスワークで相手を崩す横浜FMに対して、ボールを持たれることを想定しながら、むしろ守備力の耐久性が際立った試合となった。2本目の途中、メンバーが大きく代わってからのゲームは、ゴールこそ奪えなかったものの、チャンスを量産したことでオフェンス面での収穫も少なくなかった。

 ポポヴィッチ監督は横浜FM戦後、こう言っていた。
「すべてが完璧に守れたわけではないが、守備は改善されたし、チームが成長した姿を見せられたということが重要。アイディアや攻撃するための意図、さらには連動性やコンビネーションも非常に良くなっていると感じたが、あとは決定力。あれだけチャンスを作って結果は敗戦だったということは、決め切ることが課題になる」


 45分×2本のゲームを通して、主力組が出場した時間帯は、守備面の成果を披露し、主力組に食い込もうとアピールに余念がなかった選手たちがチャンスを得た時間帯は、「攻撃面に大きな収穫があった」(ポポヴィッチ監督)。J1王者のセカンドチームを相手にした“腕試し”は、町田にとって、有意義なスパーリングマッチとなった。

取材・文●郡司 聡(フリーライター)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ