【セルジオ越後】外国人枠を最も“うまく”使ったマリノスがJ1制覇。MVPを挙げるとするなら…

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月09日

決してハイレベルな争いではなかったJリーグ。アントラーズやフロンターレの逆襲に期待

Jリーグアウォーズでも最優秀選手賞を受賞した仲川を今季のMVPに推した越後氏。10日に開幕するE-1選手権での活躍に注目だ。写真:徳原隆元

画像を見る

 Jリーグアウォーズで発表された今シーズンのMVPは、マリノスの仲川だったけど、これに関しては僕も同じ意見だよ。得点王を獲得したという事実もさることながら、PKを蹴らずに15得点したというのも評価できる。攻撃では周りのブラジル人たちとすごく良い波長でコンビネーションが合っていたし、あれだけ攻撃面で貢献しながら守備でもきっちりと機能していた。日本代表に選ばれるのもちょっと遅かったくらいじゃないかな?

 この仲川の活躍をはじめ、終盤戦はマリノスの勢いが際立っていたけど、逆に言えば周りが落ちていったクライマックスだったとも言える。ハイレベルな競争になっていたとは、決して言い切れないし、ちょっと大味なリーグ戦だった印象だ。

 前述したようにFC東京やアントラーズは移籍や怪我人で崩れてしまったし、フロンターレも期待の外国人選手がなかなかフィットせず、夏場に失速。レッズやジュビロといった一時のJリーグの看板チームも大きく低迷してしまった。せめて来季は、無冠に終わったアントラーズや3連覇を逃したフロンターレなどが“こんなはずはない”となってくれれば面白いけどね。

 マリノスもここ数年は優勝争いから遠ざかっていて、昨季12位からの巻き返しだった。今季の強さが本物なのかどうか、その真価は来季以降に問われることになるだろうね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ