アジアカップ2015

【日本代表コラム】就任から6試合を経て臨むアジアカップ “疑惑”のアギーレ監督に問われるものとは?

カテゴリ:日本代表

加部 究

2014年12月28日

アジアカップは信任が問われる重要なリトマス試験紙に。

就任からの6試合で、チーム作りを急ピッチで進めてきたアギーレ監督。「八百長疑惑」の問題を抱えたまま臨む大会では、やはり結果が求められるだろう。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 おそらく総じてアギーレが就任してから活動した正味3か月間は、必要な刺激が与えられ変革が進んだ。ワールドカップ時と比べて、あまりメンバーは変わらないが、例えばそのままザック体制が続けば、閉塞状況のままアジアカップに突入していたに違いない。
 
 しかしそれにしても、アギーレイズムが浸透するには時間が短過ぎた。おそらく依然として選手たちにとっても、監督の人格や実力は半信半疑だろう。裏返せば、過去に突貫で窮地を乗り越えてきたアギーレの真価は、アジアカップでこそ問われることになる。
 
 突出した国が見当たらず、酷暑の中での短期決戦になるアジアカップは、ワールドカップ以上に筋書きが読みにくい。とにかく優勝までは、いくつもの難関が待ち構えている。最大の山は、地元オーストラリアだが、その前にワールドカップ後もカルロス・ケイロス体制が継続されているイランが立ちはだかる可能性がある。イランを避けるには、グループDの首位通過が不可欠だが、とりわけこの条件下で同組のイラクやヨルダンは侮れない。
 
 それでももし日本がグループDを首位で抜ければ、前回同様に準決勝で韓国、勝てば決勝でオーストラリアと顔を合わせる公算が強まる。どちらも楽な試合にはならない。ただしウリ・シュティーリケが新監督に就任して間もない韓国は、チームとしての精度は良くて日本と同程度だろう。むしろ11月に長居で日本に敗れながら、強烈なインパクトを残したのがオーストラリアだった。特に前半は、若い選手たちがアグレッシブで質の高いパフォーマンスで主導権を握った。もしそこにティム・ケーヒルが加わっていたら、日本が巻き返せた保証はなかった。
 
 改めて就任からの6試合で、アギーレが公平なセレクターで、理詰めに采配ができる、経験豊富で肝の座った指揮官であることは仄見えた。しかし懸案の「八百長疑惑」と同じく、まだ彼は何も証明していない。
 
 告発されただけで、即解任の可能性を探るのは拙速だろう。しかし結果的にアジアカップは、新監督への信任が問われる重要なリトマス試験紙になってしまった。疑惑の本質とは乖離するが、おそらく結果次第で世論がどちらかに大きく動くことは間違いない。
 
文:加部 究(スポーツライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ