2020・21年J1入団内定の大学生プレーヤー15選!来季即戦力候補の今季の活躍ぶりは?

カテゴリ:Jリーグ

竹中玲央奈

2019年12月03日

川崎は三苫、旗手の全日本大学選抜コンビのほか、2名の選手を獲得

◆川崎フロンターレ
DF 神谷凱士(東海学園大)
東海地方の“隠れ銘柄”をリーグ2連覇の強豪は見逃さなかった。技巧派集団・東海学園大の中でも際立つ技術を持つ選手で、最後尾から得意の左足でゲームを組み立てる。攻撃面は申し分ないだけに、守備面でどこまで成長できるか。

MF イサカゼイン(桐蔭横浜大)
桐光学園時代から注目されたアタッカーは最終学年になってその価値を高めた。ここぞというところでゴールを奪う勝負強さとその力強さは際立ち、桐蔭横浜大を歴代最高の2位まで引き上げる原動力に。川崎ではサイドバックの起用か?

MF 三笘 薫(筑波大)
4年遅れで育ったクラブに帰還したドリブラーは、その最大の特徴を磨きつつ課題であった守備意識も向上。特別指定選手としてルヴァンカップにもデビュー済み。筑波での4年間は彼の成長に欠かせないものであった。全日本大学選抜の一員としてユニバー優勝にも貢献。

FW 旗手怜央(順天堂大)
大学入学後すぐさま頭角を現わし、東京五輪世代の代表にも招集されたストライカーは、上級生になって苦しむ時期も多かった。チーム事情からサイドバックやボランチを任され、最終学年ではインカレ出場を逃した。プロ入り後は本職の“FW”としてこの悔しさを晴らしてくれるだろう。全日本大学選抜では10番を背負い、世界一に貢献した。


◆名古屋グランパス
MF 児玉駿斗(東海学園大/2021年内定)
攻撃面において得意なプレーを「全部」と語る稀代の自信家。ボールを受けることを怖がらず積極果敢に仕掛け、かつ相手を手玉に取るトリッキーなプレーを得意とする。1試合に一度は会場をどよめかすプレーを見せるのが魅力で、東海リーグを制した東海学園大のサッカーを象徴するひとり。全日本大学選抜。


◆ガンバ大阪
MF 山本悠樹(関西学院大)
1年次から選抜に選ばれ、順当に力をつけていき最終的には全日本大学選抜入り。巧みなドリブルで相手を剥がし、チャンスメイクもできれば得点も奪える。今年の大学サッカー界ナンバーワンと言っても差し支えない司令塔は、Jリーグを代表する存在になる可能性を大いに秘めている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ