【コラム】不可解だらけの完敗劇…最大の謎は車屋を使わなかったこと。ベテランGKの継続起用も妥当とは思えない

カテゴリ:日本代表

加部 究

2019年11月20日

不可解だらけの完敗の中で神戸のふたりが見せたパフォーマンスが明るい材料に

ベネズエラ戦で追撃の1ゴールを決めるなど、途中出場から好パフォーマンスを見せた山口。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 かつて都並敏史氏は、当時日本代表の森孝慈監督に「左SBをやりたい」と直訴したが「左でクロスを蹴れるようになったら考えてやる」と言われ、連日トレーニングに励んだという。同じく長友佑都もプロデビュー当時は「左足はまだしょぼいです」と笑っていたが、やがて精度を高めた。

 確かに人材難のポジションではあるが、現在広島で3バックの一角でプレーする佐々木が、日本代表の左SBの適任者に変貌していく時間と可能性があるのだろうか。やはりこのポジションはレフティを選択するか、酒井高徳の復帰を促さない限り、長友依存から脱却できそうにない。


 また絶望的な前半を経て、後半も36歳がゴールマウスに立ち続けるのも妥当な判断とは思えない。大ベテランは、今結果を引き出す飛び道具だ。それが機能しないなら、日常的に試合に出ている若いGKの可能性に託さなければ、公平な競争原理は成り立たない。

 不可解だらけの完敗から明るい材料を探すのは至難の業だ。それでも神戸でチームが不調な時にもコンスタントなパフォーマンスを見せて来た山口蛍と古橋亨梧は、今後もオプションとして割り込んでいける可能性を見せた。特に山口は、攻守両面の総合力を考えれば、ボランチの軸に復活しても不思議ではない。

文●加部 究(スポーツライター)

【PHOTO】日本 1-4ベネズエラ|森保ジャパン、前半だけで4失点…後半に一矢報いるも惨敗

【古橋亨梧 PHOTO】デビュー戦で躍動!後半から途中出場し、攻撃を活性化

【山口蛍 PHOTO】投入直後に3年2か月ぶりとなる意地の一発!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ