金田喜稔がベネズエラ戦を斬る!「選手任せ」と「オプション不足」の森保ジャパンが限界を露呈。最大の敗因は…

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月20日

ダメだった時の打開策がまるでない

畠中(手前)と植田の両CBは守備対応だけでなくビルドアップでも課題を露呈した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 かつてベネズエラは南米では最弱の部類だったけど、近年はU-17、U-20のワールドカップで結果を残すなど、成長が目覚ましい。U-22代表が戦った日曜日のコロンビア戦に続いて、南米勢との力の差をまざまざと見せつけられたね。

 後半、日本が巻き返したように見えたけど、それは向こうが大量リードでペースを落としたのと、強力な両サイドを交代したからだ。力の差は明らかで、内容でも完敗だった。

 たしかに吉田や長友、南野といった主力が不在で国内組が中心だったけど、もちろん敗因はそこではない。最大の問題はビルドアップだ。

 植田と畠中の両センターバックが、柴崎と橋本の両ボランチにボールをつける際に、相手を背負ってゴールに向かって戻ってきている状態でパスを出してしまう。だから角度を付けられず、結局CBにもう一度戻すか、無理をしたり、パスがずれたりしてボールを奪われ、決定機を作られる。その繰り返しだった。

 アジア、とくに2次予選レベルだったら、個の力で上回れるから問題にならないけど、ベネズエラのようにプレッシャーが強く、奪ってからの速攻の精度も高いチームには限界を露呈した。
 
 例えば、両サイドバックが高い位置を取って、その空いたスペースに柴崎か橋本が下りてくるとか、バリエーションが作らないと。相手がロンドンの1トップだったんだから、プレッシャーが掛からないほうのCBが持ち上がるも手段だった。

 持ち上がったCBから角度をつけたパスを柴崎や橋本に送るか、ボランチを飛ばして前線にフィードを送り、2トップの一角が、前線とサイドハーフの間のスペースに下りてきてボールを受けるというアイデアも必要だった。

 左サイドの中島は、我慢しきれず下がってきてボールを受けていたけど、ゴールから遠い位置でキープ力を見せつけてもまったく恐くないし、しかも密集地帯で囲まれて奪われたらピンチになる。だから左SBの佐々木はリスクを感じて上がれない。そんな悪循環に陥っていた。

 だからこそ、畠中が持ち上がって少し下りてきた浅野にフィードを送り、その落としを受けてた中島が前を向いて仕掛ける、といった工夫が必要だった。全体を押し上げ、中島には下がり過ぎないように指示をする必要があったと思う。

 森保ジャパンには、そういうチームとしての「共通認識」がなさすぎるし、ダメだった時の打開策、戦術的なオプションを全くもっていない。だから、同じ取られ方をして、同じように失点を重ねてしまったんだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ