【セルジオ越後】五輪本番レベルのプレスに完敗のU-22森保Jだけど、一番の問題点はピッチ外だよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月17日

自国開催だというのに、なんという強化の遅れ。これは、大失態だ

国内で初のテストマッチに臨んだU-22日本代表だが、点差以上に完敗の内容だった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 U-22日本代表のチグハグさはピッチ内だけにとどまらない。試合の後の森保監督のインタビューを聞いたら、一番の問題はピッチ外のほうなんじゃないかと思ったくらいだ。こんな酷い内容で負けた後に「東京オリンピックに向けて、これからチームとしてもっと力をつけられるようにしたい」と言っている。五輪はあと8か月後だというのに、今からレベルアップしようというんだ。自国開催だというのに、なんという強化の遅れ。これは、大失態だよ。

 ラグビーなんて240日間も強化合宿をやってベスト8なんだ。日本サッカーは甘すぎるんじゃないかって批判が出ても当然だよ。

 だいたい船長が決まらない船というのは、ユラユラ揺れるものなんだよ。ここまでコーチが指揮を執っていい結果を出してきて、正式な監督がベンチに入った途端に今までやってきたシステムも機能しなくなるとか、兼任監督ももう限界なんじゃないかと疑いたくなる。

 来年に迫った五輪チームに、監督があまり関われていないのは協会にも責任があると思うよ。ワールドカップ予選のスケジュールは事前に分かっていたわけだから、それでもなんとかなるだろうと高をくくっていたのかもしれないが、コロンビアのような強豪を相手にしてみるといかに準備不足、認識不足だったのかが見えてくる。


 兼任監督と言えばトルシエの時もそうだったけど、彼の場合は翌年に迫った五輪の予選でU-22代表にしっかりと関わってから、さらに2年後の自国開催のワールドカップに臨むA代表の指揮に本格的に移行した。だから強化もスムーズにいったんだ。でも、森保監督はその逆だから、直近の五輪強化で後手に回ってしまっている。

 本当に森保監督のままでいいのか協会は考えるべきだし、継続するにしても強化の優先順位や五輪に向けての強化方法とか、いろいろと見直すべき点はあるんじゃないのかな。いずれにしても、今回の敗戦が危機感となって、良い方に転がってくれればいいけどね。

【U22代表PHOTO】日本 0-2 コロンビア|2万人を超えるサポーターが観戦!堂安&久保をダブル起用も・・・

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ