【キルギス戦の予想スタメン】鎌田と南野の2トップが有力!GKはシュミットの可能性も

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年11月06日

鎌田と南野が有力だが、永井もコンディションは良い

今回の2次予選では3試合連続得点中の南野。キルギス戦でも先発が予想される。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 吉田のパートナーでは、冨安健洋(ボローニャ)が左足太腿裏の肉離れで今回は不在。前節のタジキスタン戦と同じく植田直通(セルクル・ブルージュ)が入りそうだ。

“キルギス戦限定招集”という観点でいくと、中盤で有力なのはボランチの遠藤航(シュツットガルト)、右サイドハーフの伊東純也(ヘンク)。これにコアメンバーの柴崎岳(デポルティボ)、中島翔哉(ポルト)を加えた4枚が、スタメン候補の筆頭となる。
 
 2トップでも鎌田大地(フランクフルト)と南野拓実(レッドブル・ザルツブルク)が挙がってくる。両者はタジキスタン戦でも2トップで先発していて、大きな不安もなく同時起用ができるだろう。

 ただし、調子を重視するなら永井謙佑(FC東京)も外し難い。19日のベネズエラ戦にも帯同するものの、直近の大分とのリーグ戦(30節)でゴールを決めていてコンディションはかなり良さそうだ。モンゴル戦と同様に、永井を最前線に、南野を1.5列目に配置する形もあり得る。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ