【J1ベストイレブン】6発大勝の広島から東京五輪世代MFを今季2回目のMVPに!浦和の橋岡大樹も高評価!|28節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月08日

【今節のベストイレブン】の採点&寸評

【今節のベストイレブン】
GK
1 守田達弥(松本) 7 ●3回目
前半途中からはピンチの連続だったが、クロスやコーナーキックへの対応が素晴らしく、余裕を持ってキャッチしてみせた。無失点勝利に大きく貢献した。
 
DF
5 谷口彰悟(川崎) 7 ●3回目
空中戦を制し、相手の基準点をつくらせず。ヘディングから先制ゴールも呼び込んだ。
 
36 高橋秀人(鳥栖) 7 ●3回目
センターバックとして安定感とラインコントロールでチームを支えた。決勝点のきっかけとなるヘディングにリーダーの自覚を見た。
 
39 犬飼智也(鹿島) 6.5 ●3回目
6分には最高のタイミングでゴール前に飛び込み、決勝点をマーク。後半は守備も堅く、今節のベストイレブンに選出。
 
MF
15 稲垣 祥(広島) 7 ●2回目
タイミングの良い動き出しから、クロスに合わせて2ゴール。スタジアムを盛り上げるとともに、チームを勇気づける貴重な得点を挙げた。
 
27 橋岡大樹(浦和) 7.5 ●2回目
前半終了間際に興梠慎三への正確なピンポイントクロスでアシストし、後半は豪快なシュートで決勝ゴール。清水の松原后とのマッチアップでは完勝。
 
8 阿部浩之(川崎) 7 ●2回目
先制点に絡んだほか、絶妙なスルーパスで2点目を演出。自らも背後に抜け出し、3点目を仕留めた。
 
10 倉田 秋(G大阪) 7 ●3回目
試合が拮抗していた時間帯に、貴重な先制点をもたらし、チームを勢いづけた。ダービーで負けた悔しさを一番感じていた選手なだけに、ハードワークを怠らず、質の高さも伴っていた。
 
THIS WEEK MVP
14 森島 司(広島) 7.5 ●4回目
スピードに乗ったドリブルで幾度も相手を振り切ってチャンスメイクをするだけでなく、直接FKも含め2得点の大活躍だった。
 
FW
23 仲川輝人(横浜) 7 ●4回目
3トップの右で先発。味方と連動したアグレッシブな動き、裏取りの巧さをいかんなく発揮し、相手オウンゴールの先制点を誘う。終盤、技ありシュートで勝利を決定づける2得点目。
 
9 アデミウソン(G大阪) 7 ●初選出
前半に自らで得たPKは失敗したが、その後も攻撃を牽引。絶妙なクロスで倉田秋の先制点をお膳立てしただけでなく、2点目にも絡む。試合を決定づけたヘディングシュートも見事だった。
 
※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
●は今シーズンのベストイレブン選出回数。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ