【モンゴル戦|戦評】実力差を考えれば素直に喜べない大勝も…永井、伊東の活かし方に見えた収穫

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年10月11日

遠藤はサイドの崩し方に手応え

3アシストをマークした伊東。このアタッカーを含めたサイド攻撃も機能した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 また柴崎とボランチでコンビを組んだ遠藤航は、両サイドで狙い通りの崩し方ができたと語る。

「右は(伊東)純也は中で受けるより、外で仕掛けてクロスを上げたほうが特長が活きるので、自分も間の高い位置を取って純也や(右SBの酒井)宏樹くんにクロスを上げてもらうポジショニングを取り、上手くできたと思います。左は(柴崎)岳が落ち気味で、(左サイドハーフの中島)翔也が中に入って、(左SBの長友)佑都くんが上がる形はできていたので、バランスは良かったと感じます」

 永井、伊東を組み込んだなかで、サイド攻撃が機能した点も、モンゴル戦の収穫と言えるだろう。

 
 ただし、だ。冒頭で記した通り、格下のモンゴルが相手だったという注釈は付けなくてはいけない。対戦国のレベルが上がった場合、もしくは慣れないアウェーの環境で再び同じようなパフォーマンスを示せるのか。

「(会場の)人工芝に適応しなくてはいけいので、難しい試合になるはずです」と柴崎が警戒した次のアウェーのタジキスタン戦は、まずひとつの試金石になるだろう。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】長友佑都の代表10年ぶり弾など大量6ゴールで大勝!モンゴルを終始圧倒しアジア2次予選2連勝!

【PHOTO】日本×モンゴル戦を彩った「美女サポーター」たち

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ