【日本代表】熾烈なポジション争いを歓迎する吉田麻也。「もっと激しくなっていい」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2019年10月10日

「チームとしてもあと2、3点取れたと思う」

チーム2点目を決めた吉田。それ以外でも何度もゴールを狙い続けた一方、守備の面でも隙を見せず、ゼロで守り抜いた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本6-0モンゴル/10月10日/埼玉スタジアム2002
 
 カタール・ワールドカップのアジア2次予選、2-0で勝利した9月のミャンマー戦に続き、森保ジャパンはモンゴルとの一戦も6-0と完封勝利。連勝スタートを切った。
 
「立ち上がりに多くの得点をできたことが、ゲームを進めるうえで、非常に楽になったかなと思います」
 
 キャプテンの吉田麻也は、前半だけで4点を奪ったゲーム展開について言及。4つのゴールのうちのひとつ、チーム2点目は吉田自身が奪ったものだ。29分、CKのチャンスに遠藤航が頭で狙う。これは相手GKにストップされるも、こぼれ球に酒井宏樹が右足で反応。ただ、シュートはうまくヒットせず。それでも、そのルーズボールを頭でねじ込んだのが吉田だった。
 
「宏樹がそのまま入れられればよかったけど。相手が来ていたので触るしかなかった。まあ、ラッキーでした」
 
 もっとも、大量ゴールでの完勝にも、満足はしていない。
 
「あれだけセットプレーがあって、もっと僕自身も得点できたと思いますし、チームとしてもあと2、3点取れたんじゃないかなと思います」
 
 セットプレー以外でも、この日の日本はサイドからの効果的な崩しを軸に、何度もチャンスを作り、南野拓実の先制点を皮切りに、長友佑都、永井謙佑、遠藤、鎌田大地が得点を記録。サイド攻撃では、2列目右サイドで先発した伊東純也は3アシストのハイパフォーマンスぶりだった。
 
「前の試合から変わった選手たちが活躍してくれましたし、途中から出た選手も活躍しました。相手とはたしかにレベルの差はあったと思いますけど、しっかり勝点3を取って、次に進められるのは良かった」
 
 そう語る吉田は、チーム内の競争については「もっと激しくなっていい」と持論を述べる。
 
「僕のポジションもそうですけど、すべてのポジションで競争が生まれることが、チームが活性化するチャンスになるかなと思います」
 
 選手層の厚みも増した感のある森保ジャパンは、次はアウェーでタジキスタンと戦う。吉田は「移動だったり、環境の変化は、2次予選を勝ち抜く鍵になると思う。選手だけでなく、スタッフも全力でやってくれているので、チーム一丸となって頑張りたい」と力強く語った。
 
構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】日本×モンゴル戦を彩った「美女サポーター」たち

【日本代表笑顔 PHOTO】モンゴルに大勝!笑顔でサポーターの元へ!

【日本代表PHOTO】日本6-0モンゴル|長友佑都の代表10年ぶり弾など大量4ゴール!モンゴルを終始圧倒しアジア2次予選2連勝!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月3日発売
    欧州サッカー
    「衝撃の新世代」
    次代にスターを追え!
    4大リーグ序盤戦点検も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ