森保一監督はモンゴル戦の大勝に内容でも満足気。「もちろん相手あっての試合ですけど…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2019年10月11日

「選手たちが良くトライしてくれた」(森保監督)

エース大迫の不在を感じさせない大量得点で日本を勝利に導いた森保監督。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本 6-0 モンゴル/10月10日/埼玉スタジアム
 
 2022年のカタール・ワールドカップ・アジア2次予選の日本代表対モンゴル代表が埼玉スタジアム2002で行なわれた。
 
 試合は日本が序盤から圧倒的にボールを支配。モンゴル陣内でゲームを進め、試合が動いたのは22分だった。酒井宏樹のパスを受けた伊東純也が右サイドをえぐってクロスを供給。中央で待ち構えた南野拓実がヘディングで合わせ、日本が先制に成功する。
 
 続く29分、CKの混戦から吉田麻也が頭で押し込みリードを広げると、33分に伊東のクロスを長友佑都が冷静に蹴り込み3点目。40分には永井謙佑がまたも伊東のクロスに頭で合わせて前半だけで4点差をつけた。
 
 後半も攻撃の手を緩めない日本は、56分にCKから遠藤航の代表初ゴールが生まれ、82分に鎌田大地も同じく代表で初めてゴールネットを揺らし、6-0のゴールラッシュを締めくくった。
 
 試合後、テレビのフラッシュインタビューで森保一監督は試合をこう総括した。

「選手たちがまず自分たちが何をできるかということ。そしてホームでスタジアムに駆けつけてくださっているサポーターに、そしてテレビの前で応援してくださってる方々に勝利を届けようとハードワークしてくれて勝てて、皆さんに喜んでもらえる結果が出せて良かったです」

 ゲーム内容についても「もちろん相手あっての試合ですけど、相手に合わせることなく挑んで、我々がアグレッシブに積極的にプレーできた」と満足気。

 また、「チームを成長させる、個を成長させるということを選手たちがよくトライしてくれました」と今後に向けて明るい材料は多いと感じているようだ。

 カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の第2戦に大勝した日本は、第3戦を15日にアウェーのタジキスタンで行なう。

「次の試合に向けてもチーム一丸となって、最善の準備をして、またアウェーで勝利できるようにしたいと思います」(森保監督)

 森保監督の下で、日本はワールドカップ予選3連勝は果たせるだろうか。15日の試合に注目が集まる。
 
構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】日本×モンゴル戦を彩った「美女サポーター」たち

【日本代表PHOTO】長友佑都の代表10年ぶり弾など大量6ゴールで大勝!モンゴルを終始圧倒しアジア2次予選2連勝!

【日本代表笑顔 PHOTO】モンゴルに大勝!笑顔でサポーターの元へ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ