• トップ
  • ニュース一覧
  • 快進撃は39歳ベテランの抜け目なさに止められたが…ジャイキリ連発の法政大、なぜ天皇杯で躍進できたのか?

快進撃は39歳ベテランの抜け目なさに止められたが…ジャイキリ連発の法政大、なぜ天皇杯で躍進できたのか?

カテゴリ:大学

大島和人

2019年09月19日

「来年J1でやるので、通用して当たり前という気持ちでやっていた」

来季FC東京入団内定の紺野が、持ち前のステップワークを活かしたドリブルで相手を翻弄した。写真:徳原隆元

画像を見る

甲府戦に臨んだ法政大のスターティングメンバー。普段の強度の高いトレーニングが快進撃につながった。写真:徳原隆元

画像を見る

 一方、法政の長山一也監督と選手たちが試合後に抱いた感情は何もできなかった悔しさでなく、「勝てる試合を落とした悔しさ」だった。

 FC東京入りが内定している紺野和也はこう振り返る。
「個人的に天皇杯は一番懸けている大会だったので、サッカーを今までやってきて一番悔しいくらいの感じです。内容はすごく良かったので、やれた中での悔しさですね。後半はずっと攻めていましたけど、最後の質という面でプロとの違いが出てしまった」

 左利きの紺野は右サイドに配置され、攻撃の中核を担った。彼がカットインから見せる得点への絡みは甲府が一番警戒していたポイント。しかし紺野は相手の警戒を上回り、77分の同点ゴールもアシストしている。

 紺野に満足した様子はない。
「(甲府のDFが)2枚来ても、全然はがせた。来年J1でやるので、通用して当たり前という気持ちでやっていた」

 法政は3年生で日本代表のFW上田綺世が夏に中途退部して鹿島アントラーズに移った。ただし天皇杯のJ撃破は、彼がいない中で成し遂げた快挙だ。

 現部員で内定が発表されているのは紺野だけだが、4年生からJクラブに進む選手が他に数名は出る見込み。上田、紺野が極端に突出しているわけではない。

 長山監督はこう述べていた。
「月曜から金曜は社業をして、土日で母校のためにスカウトをしてくれている人がいる。というところで、いい選手が来てくれる」

 もちろんどの大学もOBなどの力でスカウト活動は行っているが、法政は強化・スカウト担当の野木健司氏が「いい仕事」をしている。明治大、筑波大とともに全国の大学ではトップの人材を集めているチームだ。

日頃のトレーニングについて、指揮官はこう説明する。
「球際のところは天皇杯を通してしっかりと出せた。相手が『ファウルだろ』というくらいの強度で日頃からさせているからこそ、こういう場所でやれた部分はある。考えながら、(ボールを)大事にしながら、駆け引きをしながらというところも、見て頂けたら分かると思います。そこも日常のトレーニングが出た部分です」

 一方で長山監督はこうも述べていた。
「会場の雰囲気は大学サッカーで作り上げられたもの。ふわっとなっちゃう、コミュニケーションを取れなかったりするところがあった」

 NHK-BSの全国中継がある大一番で、隙を作らずプレーできる――。そういう心の持ちようは、プロで何百試合も経験しているベテランに敵わない部分かもしれない。しかしラウンド16で、これだけの内容を見せたことがまず素晴らしい。法政の戦いは彼らのよき日常に裏打ちされたものだった。

取材・文●大島和人(球技ライター)

【天皇杯PHOTO】法政大、8強に手をかけるも…甲府が延長戦を制す!
【関連記事】
法政大の快進撃はラウンド16でストップ…甲府に一矢報いるも延長で決勝弾を浴び、大学勢38年ぶりのベスト8ならず…
鹿島FW上田綺世の高校時代。恩師が「他のチームなら終わっていたかもしれない」と危惧した理由は?
天皇杯の“ジャイキリ”が人生を変える? 法政大を影で支える森俊貴が得たプロへの自信
【デンソー杯】久保建英に負けられない!FC東京入団内定、“法政大のメッシ”が描くサクセスストーリー
鹿島が見逃した逸材!? 法政大に35年ぶりの総理大臣杯をもたらした1年生ストライカー

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ