シュート30本で2得点…世界8強の壁を超えるには中島ら若きアタッカー陣の奮起が不可欠だ!

カテゴリ:カテゴリ

元川悦子

2019年09月11日

「現時点ではロシアのチームの方が強いというのは断言できる」

81分に、W杯予選で日本史上最年少となる18歳98日で出場した久保建英。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ミャンマー戦で貴重な先制点をマークした中島も今季ポルトでは厳しいスタートを強いられている。この苦境を打破しなければ、代表レギュラー死守も危うくなりかねない。実際、代表2列目には今回出番のなかった2018年ロシア・ワールドカップ組の原口元気(ハノーファー)もいるし、招集見送りとなった30代の香川真司(サラゴサ)と乾貴士(エイバル)の両ベテランも控えている。それを忘れてはいけない。

「現時点ではロシアのチームの方が強いというのは断言できる」と大迫も話していたが、それだけ今の若きアタッカー陣は未成熟ということになる。3年後を視野に入れ、彼らの伸びしろに期待することは重要だし、森保監督もそのためにあえて起用を続けているのも分かる。けれども、この先の2次予選、最終予選で同じような決定力不足を露呈していたら、日本のカタール行きも黄信号が灯りかねない。本大会に辿り着けたとしても8強超えは困難だ。日本攻撃陣の活性化は、若手のさらなる成長度にかかっているといっても過言ではない。

「いろんなところで競争ができてうれしい」とマジョルカに戻る久保は不敵な笑みを浮かべた。18歳の最年少アタッカーが堂々たる物言いをするのは自信がある証拠。

 10月のモンゴル・タジキスタン2連戦までの1か月間で彼らはどの程度、個の経験値を高められるのか。「肝心な時にゴールを決め切れる存在」が続々と出てくるように、久保らにはフィニッシュの精度に日々こだわり続けてもらいたい。

取材・文●元川悦子(フリーライター)

【中島翔哉 PHOTO】貴重な先制点をマーク!左から切れ込みチャンスを創出!!

【南野拓実 PHOTO】勝利をぐっと引き寄せるヘディング弾!森保ジャパン発足後7ゴール目!

【久保建英 PHOTO】18歳98日でのW杯予選出場!風間八宏の持つ19歳67日を39年ぶりに更新!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ