【日本2-0ミャンマー|採点&寸評】ゴラッソの中島が最高点! W杯予選初戦で順調な白星スタートも後半の決定力不足は課題

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年09月10日

中島は強烈な一撃で先制点をマーク

チームに勢いを与える先制点を決めた中島。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

MF
7 柴崎 岳 6
中盤の底で組んだ橋本を自由に動き回らせながら、的確なポジションを取って味方をサポート。セカンドボールへの反応も良かった。一方で63分のバー直撃のシュートは決めたかった。
 
9 南野拓実 6.5(76分OUT)
序盤のチャンスは仕留められなかったが、26分には堂安のクロスにヘッドで合わせて追加点をマーク。パラグアイ戦に続いてキッチリ仕事をこなした。ただ後半は好機がありながら沈黙。

MAN OF THE MATCH
10 中島翔哉 7(80分OUT)
16分に左サイドからカットインして右足を一閃! 豪快な一発でチームを勢いに乗せた功績は非常に大きい。
 
13 橋本拳人 6
先日のパラグアイ戦に続いてボランチのスタメンを確保。柴崎と連係しながら前線にボールを供給。ミスが少なくなかった点は改善が必要だが、43分、56分には強烈なミドルを放った。
 
21 堂安 律 6(65分OUT)
サイドから中央に入ってボールを引き出し、攻撃にリズムを加えた。先制点は彼のボールカットからで、26分には正確なクロスで南野のゴールをアシスト。またもネットは揺らせなかったが、勝利に貢献した。
 
FW
15 大迫勇也 5.5
巧みなポストワークで攻撃の起点に。危険なタックルを受けるシーンもあったが、チームのために身体を張った。動きは決して悪くなかった。ただ、チャンスはあっただけにゴールを奪えなかったのは残念。エースとして満足できないだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ