• トップ
  • ニュース一覧
  • 「プレッシャーを楽しんでさえいる」マジョルカCEOが明かす、久保建英のキャラと獲得の真相

「プレッシャーを楽しんでさえいる」マジョルカCEOが明かす、久保建英のキャラと獲得の真相

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月28日

「立ち居振る舞いは、とうてい18歳のそれとは思えない」

現在37歳のモランゴCEOは、かつてFWとしてイングランドでもプレーしたスイス人。久保の良き理解者だ。(C)RCD Mallorca

画像を見る

 加えて、久保のパーソナリティーに対してはこんな印象を抱いているようだ。
 
「立ち居振る舞いからして、とうてい18歳のそれとは思えないほど成熟している。プレッシャーをものともしないし、むしろ楽しんでいる印象さえあるよ。彼は私に話してくれたんだ。(プレッシャーを)避けようとするより、むしろ欲しているとね。あの若さで、驚くべきことだろう。自分はマジョルカになにをもたらし、なにを求められ、どう適応し、居場所を見つけていくのか。そのすべてを彼は、頭のなかでイメージできている。本当にクレバーな青年だよ」
 
 マジョルカは月曜日、ワトフォードからコロンビア代表FWクーチョ・エルナンデスを獲得。久保との攻撃の2枚看板が期待されるが、いまだ強化オペレーションは完成に至っていないという。敏腕CEOは「タイムリミットの9月2日まで状況を見極めていくよ。ご承知の通り、左サイドのアタッカーとゴールキーパーの即戦力を探しているところさ」と、ターゲットを明かした。

 
 昇格組のマジョルカは開幕2試合を戦い、1勝1敗で11位に付ける。日曜日は敵地メスタージャでバレンシア戦を迎える。はたして久保は先発か、ベンチスタートか。待望のラ・リーガデビューが目前に迫る。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「ラウールは頭を抱えている」久保建英のマジョルカ移籍にカスティージャ指揮官の本音は…
「え? クボがどうしたって?」久保建英について問われたマジョルカ指揮官は怒りを滲ませて…
マジョルカはなぜ久保建英を獲得したのか?熱血監督が期待する役割は「攻撃の中心」【現地レポート】
「同じ過ちを繰り返すだけだった…」久保建英が下したレンタル移籍の“決断”をスペイン紙が称える
「クボ? これがベストな手段だった」レンタル移籍をした久保建英にジダン監督がコメント!マジョルカでの成長を願う

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ