「クボ? これがベストな手段だった」レンタル移籍をした久保建英にジダン監督がコメント!マジョルカでの成長を願う

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月24日

「2部Bという舞台は相応しくない」という意見が

ジダン監督(左)の下で4試合に出場した久保。マジョルカでの武者修行を選択した。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月22日、レアル・マドリーの久保建英がラ・リーガ1部のマジョルカに1年の期限付き移籍をすることが決定した。

 今夏にFC東京からマドリーに籍を移した18歳の日本代表FWは、トップチームのプレシーズンキャンプに帯同。4試合(103分)に出場したテストマッチでは、スター選手に混じって年齢を感じさせない堂々たるプレーを披露した。

 ジネディーヌ・ジダン監督も一定の評価を与えていたが、EU外選手の3枠が埋まっていることもあり、「クボはカスティージャ(2部B=実質3部に属する)に籍を置きながら、トップチームの練習に参加させる」との意向を明らかにしていた。

 ただ、クラブの内部には、「クボには2部Bという舞台は相応しくない。レンタル移籍をさせて1部でプレーするほうがいい」という意見も根強く、最終的には久保本人の意向でマジョルカへの移籍が決まったと見られている。
 
 そんななか、そのジダン監督が記者会見の中で、久保のレンタル移籍について問われ、次のように返答した。スペイン紙『AS』が報じている。

「我々は選手にとってベストな選択を望み、この手段を採ることにした。クボがマジョルカで成長し続けてくれることを願っているよ」

 AS紙によると、久保はマドリー戦にも出場できる契約となっている。10月に行なわれるラ・リーガ第9節での対戦で、ジダン監督の前で成長した姿を見せられるか。その第一歩となるラ・リーガのデビュー戦は、早ければ現地時間8月25日のレアル・ソシエダ戦となる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「え? クボがどうしたって?」久保建英について問われたマジョルカ指揮官は怒りを滲ませて…
「ラウールは頭を抱えている」久保建英のマジョルカ移籍にカスティージャ指揮官の本音は…
マジョルカ移籍の久保建英、気になる起用法やライバルは? レギュラー獲得の可能性はあるのか
「同じ過ちを繰り返すだけだった…」久保建英が下したレンタル移籍の“決断”をスペイン紙が称える
マジョルカにレンタル移籍の久保建英はマドリー戦に出場できるのか? スペイン紙が「恐怖条項は撤廃」と報じる!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ