プロとして限界が来ているとは思えないだけに… F・トーレスは最後の一花を咲かせられなかったか?

カテゴリ:Jリーグ

加部 究

2019年08月22日

スーパースターの単独補強で夢と結果の二兎を追える時代ではなくなっている

引退試合となる神戸戦では、盟友のイニエスタとの対戦となる。世界も注目する一戦となるはずだ。写真:徳原隆元

画像を見る

 確かにゲーム内容は悲観すべきものではなかった。鳥栖は昨年末にスペイン人のルイス・カレーラス監督を招聘し、チームの変革を試みていた。冷静なトーレスから強い言葉が出たのは、ようやく生まれつつあった好転の兆しを判定により潰された想いがあったからだろう。
 
 その後、カレーラス監督は今季未勝利のまま10節を終えて解任された。トーレス自身は監督交代と引退決断との関連性を否定したが、こうした流れの中で、もはや自分の能力を十分に発揮するだけの土壌を築くのは無理だと感じ始めたに違いない。
 
 一時は降格の危機も近づいた神戸の事情を見ても、スーパースターの単独補強で夢と結果の二兎を追える時代ではなくなっている。その点で、トーレスを獲得してからチームの変革を図った鳥栖は、後手を踏んだ。欧州で輝かしい足跡を記し、高いプライドを持つトーレスの決断は十分に理解できる。しかしプロとしてまだ限界が来ているとは思えないだけに、願わくば最後の一花を咲かせられるチームが獲得に乗り出してほしかった。
 
取材・文●加部 究(スポーツライター)
 
【関連記事】
【J1展望】鳥栖×神戸|世界的名手F・トーレスの引退試合は、豪華共演者を迎えてのシビアな一戦に…
「鳥栖の育成を改革したい!」F・トーレスが明かした驚きのセカンドキャリア。“神の子”はなぜ引退後も日本に残るのか?
「数よりも重要なのは価値あるゴールを奪えたことだ」ラストマッチ直前のF・トーレスが振り返る自身のベストゴールは?
天皇杯、16強決定! カズ&俊輔先発の横浜ダービーはFMに軍配! 鳥栖はトーレス弾で柏を撃破
「なんと美しい!」「いかにも彼だ」イニエスタの“PK失敗→絶妙トラップ&ボレー”に母国メディアとファンも感嘆!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ