「なんと美しい!」「いかにも彼だ」イニエスタの“PK失敗→絶妙トラップ&ボレー”に母国メディアとファンも感嘆!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月03日

鮮やかな美技で、猛反撃の口火を切る

猛然と詰めてくるG大阪選手たちのプレッシャーもなんのその。イニエスタは軽やかに左足を振り抜いた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 金曜ナイターで行なわれたJ1リーグ第21節、ヴィッセル神戸対ガンバ大阪の一戦。ホームチームは0-2とリードされながらも終盤に怒涛の反撃を見せ、2-2のドローでゲームを終えた。
 
 形勢を一気にひっくり返す口火となったのが、79分の1点目だ。神戸はPKを獲得し、キッカーは名手アンドレス・イニエスタ。狙い澄ましたショットは、日本代表GK東口順昭のファインセーブに遭ってしまう。だが、その跳ね返りの浮き球が目の前に現出すると、イニエスタは慌てることなく冷静に右足でトラップし、そのまま左足のハーフボレーでゴールに叩き込んだのだ。
 
 まるでスローモーションを見ているかのような美技。Jリーグやクラブ公式のSNSには絶賛の声が相次いだが、イニエスタの母国スペインでも同じ現象が起きている。
 
 スペイン全国紙『AS』がこのシーンを動画付きで紹介。「名手が驚くほどクールに、ミスを歓喜に変えた」と評すると、投稿欄にはファンから称賛のメッセージが続々と寄せられている。
 
「なんと美しい! わざとPKを外したんじゃないか?」
「いかにも彼らしい圧巻のプレーだ」
「イニエスタがPKをミスするのを初めて見たよ。そのあとが……お見事!」
「真のクラック(名手)にして、生粋のエンターテナーだね」
「まさにマエストロ。何度でも観たいゴールだ」
「これぞ、“ザ・イニエスタ”と形容すべきプレー」
 
 などなど、反響が後を絶たない。
 
 勝利こそ逃したものの、なんとか4連敗の危機を回避した神戸。酷暑のなかでも90分間を悠然と走り抜けたイニエスタを旗印に、ここからの巻き返しに期待がかかる。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【西大伍PHOTO】途中出場からの数分で魅せた!絶妙クロスで値千金のゴールをお膳立て!

【神戸 2-2 G大阪 PHOTO】“金J”阪神ダービーは白熱のドロー決着…遠藤保仁、公式戦1000試合出場達成!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ