浦和・李忠成が「優勝決定ゴール」宣言! 【11.22 J1頂上決戦展望】

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2014年11月21日

「ミシャを真の日本一の監督に」

厚い信頼関係で結ばれるペトロヴィッチ監督のためにも、李は「優勝決定ゴール」を狙う。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 ひとつ壁を突破したのか、最近の李は、なんだかすっきりした表情を浮かべている。とても充実した印象を受けるのだ。
 
 浦和への加入直後、李はこう語ったことがある。
「(広島時代の)ミシャとの出会いがなければ、今の自分はいなかった。サッカー人生で最も影響を受けた監督と言っても過言ではない。ミシャは昨年もタイトルを獲れなかった。しかも浦和というクラブとしても、長い間タイトルから遠ざかっている。ミシャの力になりたい。ミシャを真の日本一の監督にして、浦和を真の日本一のクラブにしたい。そこに貢献したいという思いも、僕が浦和に来た理由のひとつ」
 
 11月22日、勝てば優勝が決まるG大阪戦を迎える。
「ここで勝つことしか考えていない」
 
 李のストライカーとしての血がたぎる。
「決勝点を取りたい。そのゴールを決められるのはひとりだけ。最もゴールの近くにいるのが僕なのだから、その1点を絶対に取るんだという強い気持ちで、積極的に行く。大胆に、大きなプレーを見せられれば」
 
 頂上決戦での決勝点――つまり『優勝決定ゴール』宣言だ。
 
 練習から一切手を抜かない。実はそういう基本中の基本を大切にしてきた。フィニッシュの数々の大技もアイデアも、練習は嘘をつかないという信念に基づき、職人のようにこつこつと鍛錬を重ねてきた成果である。
 
 ただし、こうも理解している。ストライカーにとって、その日々が報われるのは、実戦でゴールを突き刺し、スタジアムが燃えるような歓喜に包まれるあの瞬間だけだと。
 
 ホームでの一戦は、チケットが完売に。埼玉スタジアムは真っ赤に染まる。この男が燃えないわけがない。
 
 李の魂の一撃を見せてもらいたい。
 
文:塚越 始(週刊サッカーダイジェスト)
【関連記事】
浦和か、G大阪か――「11.22 頂上決戦」を4つのポイントから展望
【J1・31節クローズアップ】浦和が優勝へ王手 今節は“我慢”の李忠成が狙うヒーローの座|横浜 0-1 浦和
【J1コラム】興梠不在の浦和。8年ぶり優勝へ、改めて問われる「解決能力」|横浜 0-1 浦和
【浦和】攻めの哲学を貫く指揮官がいま「バランス」を強調する意図とは?
【浦和】「背番号8を巡る物語」広瀬、小野、三都主…、6代目の柏木、それぞれの想い
【Jリーグ】浦和、来季補強の目玉に新潟のレオ・シルバと舞行龍の獲得へ動く!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ