浦和か、G大阪か――「11.22 頂上決戦」を4つのポイントから展望

カテゴリ:Jリーグ

塚越始・大木勇(週刊サッカーダイジェスト)

2014年11月21日

「勝てる気しかしない」と浦和の柏木。

覇権の行方を左右する、文字通りの大一番。勝利の凱歌を上げるのは、浦和か、それともG大阪か――。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 勝点61で首位に立つ浦和レッズと、同56で2位につけるガンバ大阪。J1優勝を争う両雄が、11月22日の32節、浦和のホームの埼玉スタジアムで激突する。浦和は勝てば8年ぶりの優勝が決まる。逆転優勝へ、勝つしかないG大阪。激戦必至の「頂上決戦」を、週刊サッカーダイジェストの担当記者が展望する。
 
浦和担当:塚越 始(週刊サッカーダイジェスト)
G大阪担当:大木 勇(週刊サッカーダイジェスト)
 
――◆――◆――
 
「決戦」に向かうチームの状態、雰囲気は?
 
【浦和】
 ルーキー関根の劇的な決勝ゴールで勝った31節の横浜戦から決戦まで約3週間は、11月15日に川崎と練習試合(30分4本で0-2で敗れる)を組み、戦術を確認しながら実戦感覚を取り戻した。この1週間は、球際の激しさも増した、引き締まった雰囲気のなかで練習メニューをこなした。
「『やれる』という気持ちがみんなのプレーにも出ている。勝てる気しかしない」と力強く語ったのは柏木だ。
 
【G大阪】
 31節の仙台戦はロスタイムに同点ゴールを許して引き分けに終わり、チーム内にやや重苦しい雰囲気が漂ったが、それもナビスコカップ優勝で霧散した。11月15日には「仮想・浦和」として広島と練習試合。出場を見合わせたパトリックと大森も18日から練習に合流し、代表組の3人(遠藤、今野、東口)を除けば、調整は順調に進んだ。
怪我人や出場停止などの懸念材料は?
 
【浦和】
 30節の鹿島戦で右腓骨を骨折した興梠が、11月20日の全体練習に部分合流した。スパイクを履いてライニングなどをこなしたが、「まだ本来のプレーはできない」と紅白戦には参加せず。G大阪戦の出場はさすがに厳しいが、「このガンバ戦を目指してやってきた。まだ恐怖はある。ただ自分としては、弱かった部分を強化してレベルアップできたと思っている」と熱い気持ちを見せていた。
 
【G大阪】
 最も懸念されるのは、アギーレ体制下の代表に初招集された遠藤、今野、東口のコンディションか。とりわけ遠藤は2試合連続で先発しており、14日のホンジュラス戦と18日のオーストラリア戦を終えて、中3日で浦和戦を迎えるだけに、疲労は多少なりとも蓄積しているだろう。
【関連記事】
【2014 J1寸評・採点|31節】横浜対浦和
【2014 J1寸評・採点|31節】G大阪対仙台
【J1・31節クローズアップ】浦和が優勝へ王手 今節は“我慢”の李忠成が狙うヒーローの座|横浜 0-1 浦和
【ナビスコカップ】「ガンバで勝てないなら自分には手腕がない」自身初タイトルに長谷川監督が見せた安堵の笑顔
【ナビスコカップ決勝】2点ビハインドをはね返しG大阪が鮮やかな逆転劇。宇佐美の目には涙も……。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年6月9日号
    5月26日発売
    川崎・鹿島・横浜
    「3強徹底比較」
    J1首位争いを抜け出すのは!?
    森保一×風間八宏対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ