【総体】編集部が厳選!インターハイで輝きを放ったベストイレブン!J加入内定の大型FWもセレクト!

カテゴリ:高校・ユース・その他

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb)

2019年08月07日

今大会得点王に輝いた尚志のアタッカーも

尚志の山内は今大会最多の5ゴールを記録。ゴール前での判断の速さが光った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

MF
佐藤陽太(京都橘/3年)
ガンバ大阪Jrユース仕込みのインターセプトで相手の攻撃の芽を摘み、存在感を発揮。ボランチでコンビを組む、志知遼大との連係も抜群で、長短自在の正確なパスをサイドや前線に供給した。
 
髙木俊希(富山一/3年)
中盤での冷静なプレーで富山一の準優勝に貢献。足下の技術に優れ、相手のアプローチを簡単に交わしてサイドに展開。攻撃にリズムを生んだ。またゲームキャプテンとしてもしっかりと声を出し、チームを盛り上げた。
 
前田唯翔(西京/2年)
最後まで落ちない抜群のスプリント力で右サイドを支配。俊足を活かした突破で常に相手守備陣の脅威となり、3回戦では自ら得たPKを沈めて、初のベスト8進出の原動力となった。
 
佐々木ムライヨセフ(桐光学園/3年)
見事な突破で、幾度となく左サイドを攻略。スピードに乗った切れ味の鋭いドリブルで駆け上がり、相手DFを置き去りにするなど、高い推進力を見せた。桐光学園の攻守の切り替えの速いサッカーで重要なピースとなっていた。
 
FW
西川 潤(桐光学園/3年)
序盤戦は得点が奪えず、悩みはしたものの、準々決勝で2ゴールと覚醒。ポジショニングの良さと勝負強さで、その後もゴールに絡む活躍を見せ、桐光学園にインターハイ初制覇をもたらした。
 
名願央希(初芝橋本/3年)
素晴らしい得点感覚で初戦から3戦連続ゴール。攻撃での献身性はもちろんのこと、守備でも大いに貢献。前線からプレスをかけ続けて相手のミスを誘い、カウンターとなれば素早く動き出す。試合終了までタフに戦い続けた。
 
山内大空(尚志/3年)
チームの得点源として最高のパフォーマンスを披露。初戦の2得点を皮切りに、敗退した準決勝までに5ゴールを叩き出し、今大会の得点王に輝いた。ペナルティエリア内への飛び出しと、シュートとパスの判断の速さが光った。
 
取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)
 
【関連記事】
「全く目指せない場所じゃない」久保建英とは超高校級の逸材たちにとっていかなる存在なのか?
【高校サッカー勢力図】2019総体出場プレーヤー数・都道府県別ランキング!1位常連の東京に並んだのは…
総体のあとは就職活動へ。桐光学園初Vの立役者、佐々木ムライヨセフがプロを見据えて取り組んできたこと
【総体決勝】「西川だけにとらわれすぎて…」富山一のゲームキャプテンが失点シーンを振り返る
FW神田洸樹が桐光学園を初優勝に導く劇的決勝弾!「ここで満足しない」さらなる高みを目ざす

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ