【現地発】バルサはなぜ安部裕葵を獲得したのか?「クボの件とは全く関連性はない」

カテゴリ:海外日本人

下村正幸

2019年07月16日

Bチームで活躍するのも簡単な状況ではない

昨夏のプレシーズンマッチで鮮烈な印象を残したプッチ。だがトップチームでの出番はほとんど巡ってこなかった。(C) Getty Images

画像を見る

 安部が加入するバルサBは昨シーズン、昇格プレーオフ進出を逃したが、続投するガルシア・ピミエンタ監督の下、リキ・プッチ、チュミ、アレックス・コジャードといった主力の大半が残留の方向だ。

 ただでさえ特殊なバルサのサッカースタイルに適応しなければならない日本の俊英にとって、ある程度完成されたチームに加入するのはさらにハードルが高く、Bチームで活躍するのも決して簡単な状況ではない。
 
 バルサはまもなくジャパンツアーのために来日予定で、安部がその遠征に帯同する可能性がある。当然実現すれば注目を集めるだろうが、昨夏、バルサスタイルの申し子として各メディアに取り上げられながら、開幕するとBチームが主戦場となったリキ・プッチの例があるように、しょせんはプレシーズンの調整試合である。

 もちろんまだ20歳と若く、可能性は無限にあり、バルサもそこに期待して獲得している。ただ、トップチーム昇格云々を語るのはあまりにも時期尚早すぎる。環境に適応してBチームの一員としてコンスタントに試合に出場することがまずは先決となる。

文・構成:下村正幸
取材:フアン・ヒメネス(『AS』紙バルセロナ番記者)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ