「世界最悪のタトゥー」「ただ、酷い…」英紙がベッカムらプレミアリーグスターの入れ墨を特集!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月28日

最も厳しい言葉を寄せられた3人は?

今夏の日本行きも噂されたデ・ロッシのタトゥーも同紙では特集されている。 (C) Getty Images

画像を見る

 さらに厳しい“評価”が下されたのが、アルトゥール・ボルツ(現ボーンマス)、ウロシュ・ヴィタス(イルティシュ・パヴロダル=カザフスタン)、ナイル・レンジャー(無所属)の3人だ。

 ボルツは腹部に猿のアニメキャラクターがこちらを向いているタトゥーを入れているのだが、ちょうど、お尻の部分がおへそに当たっているのだ。これを同紙は、「ただ、酷い……。このタトゥーを正しく評する言葉が見つからない」と綴った。

 セルビア人のヴィタスは、愛妻のアンドリアーナさんの顔を横腹に刻んだ。だが、輪郭がなく、目と鼻と口がリアルに描かれたデザインは不気味そのもので、「妻への愛を形にするというアイデア自体は悪くなかったが、それは実際にやるべきではなかった。最も恐ろしく、少し恥ずかしさすらある」と記した同紙の寸評もうなずける。

 そして、「世界最悪のタトゥーを入れた男」と紹介されているレンジャーが入れたのは、なんと下唇の裏側。28歳の彼は、そこにスマイルマークの絵文字をワンポイントで刻んだのだ。

 そんな元ニューカッスル戦士の驚きのデザインについて、「彼の身体には、もはやタトゥーを入れる場所がなく、不必要な苦痛を味わうことになった。唇の裏に小さなスマイルマークを入れたが、そんなタトゥーを入れる意味はあったのだろうか……」と、疑問符をつけた。

 タイトル通り、この記事では、どの選手へも辛辣な見方が目立った。ただ、そんなタトゥーでこんな特集が組まれるのも、世界各国から選手が集うイングランド・サッカー界ならではと言えるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ