「酷い」「ありえない」追放の厳罰も!? イングランド代表FWの入れた“自動小銃タトゥー”に非難殺到

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月29日

亡き父への想いを込めたタトゥーだったが……。

利き足である右足に大きく自動小銃のタトゥーを彫り込んだスターリング(左)。その行動が波紋を広げている。 (C) Getty Images

画像を見る

 刺激的なタトゥーが物議を醸している。

 その選手は、マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWのラヒーム・スターリングだ。23歳の韋駄天が右足に入れたのは、『M16自動小銃』というライフル銃のタトゥーだった。

 一見すると物騒だが、大胆にもサッカー選手の商売道具でもある足に彫り込んだのには、重要な意味がある。スターリングは自身のインスタグラムで、次のように説明している。

「僕が2歳の時に、父は銃で撃たれて死んだ。だから、自分自身に誓ったんだ。『僕は生涯、銃に触らない』とね。僕は右足で撃つっていうことと、自分が未完成な“N(黒人を示す言葉)”だっていう深い意味があるんだ」

 ジャマイカで父を失った悲しみを忘れないよう、新たなタトゥーを彫り込んだスターリングだったが、その刺激的かつ大胆な絵柄に非難の声が殺到している。

 英紙『The SUN』によれば、イングランド代表のチーム内でも一部から、「そのタトゥーは病的だ」と苦言を呈されたようだ。

 さらに同紙は、アメリカでの銃乱射事件が多発し、規制強化の声が世界的に広まっている中で、スターリングの行動は「あまりに幼稚だ」と非難。息子を銃殺され、反銃運動にも参加した、ある母親の怒りの声をまとめている。

「このタトゥーは酷い。スターリングは恥ずべきで、全く受け入れられない。彼には、レーザーでタトゥーを消すか、何かで隠すかしてほしい。もし、それができないというのなら、私は正式に彼を代表から外すよう要求したい」

 また、英国国営放送『BBC』も、この代表戦士のタトゥーに関するニュースを「問題だ」と報道。そのうえで、同局でサッカー解説者として活躍している元イングランド代表FWのガリー・リネカーのコメントを紹介した。

「メジャー大会を前に、チームの士気を落としかねないとする奇妙な行動だ。実に非国家的で悲しいね。彼は素晴らしいフットボーラーで、仕事の考え方もしっかりとしている。だから、しばらく独りにするべきじゃないか?」

 過去にも、プライベートで行なったパーティーで笑気ガスを吸引し、イングランド・サッカー協会から「模範的な行動をすべき」と厳重注意を受けた経験があるスターリングだが、またしてもピッチ外の話題が話題となってしまった。

 よりトッププレーヤーへと成長する意味でも、節度ある行動が求められるが……。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ