久保建英がマドリーで目指すべきモデルケース。カゼミーロとバルベルデはなぜトップチームに定着できたのか?

カテゴリ:メガクラブ

下村正幸

2019年06月19日

マドリーの関係者が選手を評価するポイントは?

コパ・アメリカに参戦中の久保。マドリードへ渡るのは大会終了後となる。(C)Getty Images

画像を見る

 このバルベルデのケースから見えてくるのは、マドリーの関係者が選手を評価する際、得点やアシストといった目に見える点だけに着目しているわけではないという点だ。むしろサッカーへの取り組み方や、逆境への対処法、チームプレーといった要素を重要視している。

 バルベルデは昨夏の復帰当初は経験不足を露呈し、なかなかポテンシャルを発揮できなかった。だが今年3月のジネディーヌ・ジダン監督の復任を境に出場機会が増加。指揮官の信頼を勝ち取り、4歳年上のライバル、マルコス・ジョレンテの退団が確実視されるなか、来シーズンもマドリーでプレーすることが濃厚となっている。

 カゼミーロもまた、15-16シーズンに、当時の主力だったハメス・ロドリゲスをベンチに回してまで中盤の守備の強化を優先したジダンの決断によって定位置を奪取。そして前人未踏のチャンピオンズ・リーグ3連覇を成し遂げたチームで不可欠なピースへなっていった。

 ポジションは異なるとはいえ、久保にとって手本となるのは、逆境に直面しても与えられた環境の中で継続して努力を続ける姿勢だろう。マドリーには、久保の古巣であるバルセロナのパスサッカーのような、確固としたプレーモデルというものは存在しない。しかしその一方で、何にも増して要求されるのが勝利へのこだわりであり、それが引いては日々の成長へと繋がるはずだ。
 
 ましてやカスティージャを率いるのは現役時代に「マドリー魂の権化」と言われたラウール・ゴンサレスだ。このクラブで成功を収める第一歩として、プレーとともにサッカーへの取り組み方、マドリーの選手らしい振る舞いもポイントになるだろう。

 まずはタフな2部B(実質3部)のサッカーに適応することが重要だ。そしてレンタル移籍のチャンスが巡ってくれば、その武者修行先で成長した姿を見せられるか。ここで強化担当の目に留まれば、カゼミーロやバルベルデのように、トップチーム昇格、そして定着への道が拓らけるはずだ。

文●下村正幸
協力●セルヒオ・サントス(『AS』紙マドリー番)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ