【J1展望】浦和×広島|直近のACLで快勝の両者。ともに連敗脱出へのきっかけは掴めたか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月25日

広島――ACLで活躍の森島に期待がかかる。

故障者/浦和=橋岡 広島=青山
出場停止/浦和=なし 広島=なし

画像を見る

J1リーグ13節
浦和レッズ - サンフレッチェ広島
5月26日(日)/14:00/埼玉スタジアム2002
 
サンフレッチェ広島

今季成績(12節終了時):8位 勝点17 5勝2分5敗 12得点・9失点
 
【最新チーム事情】
●ACLメルボルン・ビクトリー戦で3-1と快勝。5連勝でグループステージを終える。
●Jリーグでは5連敗中。5試合で1得点と得点力不足は明白。
●メルボルン・ビクトリー戦でプロ初得点を決めた森島の存在が鍵を握るか。
【担当記者の視点】
 得点力不足に悩むチームが嘘のように、ACLではゴールが決まる。本田やケヴィン監督のラストマッチとなったことでメルボルン・ビクトリーは非常にモチベーションが高かった。それでも、セットプレー・コンビネーション・ミドルシュートと様々な形でゴールを奪い取り、3-1と快勝。潜在的に存在する破壊力を存分に見せつけた。

 特に目立ったのは3得点すべてに絡んだプロ4年目のアタッカー、森島の存在。ドリブル・スルーパスなどのチャンスメイクを得意とし、アイディアに満ちたプレーの数々はこれまでの広島には足りないピースとなるだろう。メルボルンでの戦いから中3日、12時間近い移動を経てコンディションに問題を抱えていることは確かだが、22才の若さが厳しさをはねとばすか。
【関連記事】
【J1展望】札幌×G大阪|代表メンバー2名を擁する札幌、前節快勝のG大阪をホームで迎え撃つ
ACL16強入りの浦和、槙野智章が相手キーマンのブラジル代表MFと笑顔の2ショットを投稿!
【ACL採点&寸評】メルボルン1-3広島|GS5連勝に貢献したアタッカーを最高評価! 3得点は不振のリーグ戦に向けた好材料に
番記者が選ぶ、平成の浦和レッズベスト11! 07年ACL優勝メンバーをベースに、初の日本人得点王も!
番記者が選ぶ、平成のサンフレッチェ広島ベスト11! Jリーグを席巻した08年メンバーを中心にセレクト!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ