コンサドーレは「一皮剥けたかもしれない」。令和初戦の逆転劇が証明したミシャ札幌の確かな前進

カテゴリ:Jリーグ

斉藤宏則

2019年05月08日

指揮官のなりふり構わない姿もまた、選手の心を強く動かしたことだろう

 そうした戦いをするチームメイトたちをGKク・ソンユンは最後尾からこう見ていたという。「みんな落ち着いてボールを持てていた。先制されてからも、負ける気がまったくしなかった。3連敗中にみんなで本気で『どうすれば勝てるのか』を考え、そこで学んだことをしっかり発揮できていたのだと思う」。
 
「焦らなかったから」「落ち着いてボールを持てていたから」。選手の言葉をつないで今季初となる逆転勝利の要因をさも知り得たかのように記すつもりはない。なぜならば、逆転勝利を飾ったり、4連勝を果たしたりするのはそんな簡単な話ではないからだ。4連勝をしたからといって、選手たちが3連敗時の悔しさを忘れ去ることもないだろう。ひとつの勝ちや負けの理由なんて、観ていただけの人間が簡単に説明できるはずがない。
 
 もちろん、選手の言葉のなかに要因は存在しているとは思う。でも、間違ってはいけないのは、それだけで結果がついてくるほど簡単な世界ではないということ。リーグ戦3連敗中に迎えたルヴァンカップで、通常ならばシビアにターンオーバーを敢行していたであろうペトロヴィッチ監督が複数人の主力をピッチに送り込んだ。そして指揮官自らも「悪い流れを変えるために」と、いつも試合時に着ていたスーツを脱ぎ、ジャージ姿で指揮を執った。なんとしてもチームを勝たせたい。そうした指揮官のなりふり構わない姿もまた、選手の心を強く動かしたことだろう。いろんな気持ちと行動の積み重ねがあってこそ。何かひとつコレ、というものではない。
 

 勝てないから監督を解任する。試合内容が良くないから補強をする。それが間違ったことだとは少しも思わない。結果が求められるプロの世界ではある種、当然のことだろう。しかし、チームの力を信じ、我慢強く努力を続けることでも成績が上向き、課題を改善できることを札幌は神戸戦で証明してみせた。そうした試合を3万人超のファン、サポーターが目にしたことの価値もまた、簡単に言葉では記せないほどに大きいだろう。
 
取材・文●斉藤宏則(スポーツライター)

【札幌2-1神戸PHOTO】進藤のバイシクルに鈴木武蔵の豪快ヘッド!札幌J1初の4連勝!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ