二枚看板の不振で14位に低迷…昨季3位の横浜FCが浮上する策は?

カテゴリ:Jリーグ

二本木昭

2019年05月08日

円滑なコミュニケーションは、現状打破のひとつの策だ

 最後に、外国籍選手の活躍に欠かせないのが円滑なコミュニケーション。松浦は、「“これは伝えないといけないことだな”と感じたら、その都度、通訳を呼んで英語、ポルトガル語を介して密に意識の疎通を図るようにしています」と、その重要性を強調していた。積極的に語学の勉強に取り組んでいる北爪は「ポルトガル語で単語レベルですけど、簡単な“前へ!”とか“速いボールをくれ!”といったサッカーで必要な用語は使えるようになりました。あとはメンタルに関するかけ声も。レアンドロがイライラしているときに、“落ち着いて、がんばろう!”ぐらいのことはいえるようになったと思います」と前向きな姿勢を見せる。

 昨年、北爪はリーグ戦初ゴールを決めるや否や、ウイングバックながら5得点(7アシスト)とブレイク。その原動力となったのはL・ドミンゲスとのコンビネーションで、彼には大きな恩を感じている。ふたりの絆が事態を好転させることを願わずにいられない。
 
取材・文●二本木昭(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ