二枚看板の不振で14位に低迷…昨季3位の横浜FCが浮上する策は?

カテゴリ:Jリーグ

二本木昭

2019年05月08日

昨季17得点のイバが3得点、L・ドミンゲスはノーゴール

イバは34歳、L・ドミンゲスは36歳。いまだチームではトップレベルのタレントだが、年齢による衰えは否めない。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 有力なJ1昇格候補と目されていた横浜FCが中位をさまよっている。その大きな原因が攻撃の核であるイバとレアンドロ・ドミンゲスの不振だ。12節終了時点で、昨季17得点のイバが3得点(うちPKによる得点が2で、流れのなかでのゴールはわずか1)、同11得点のL・ドミンゲスにいたってはノーゴール。さすがにこれでは勝ち続けることは難しい。
 
 タヴァレス監督は「(今年で)34歳になるイバ、36歳になるレアンドロは、さすがにかつてのようにプレーすることはできない」と、ふたりのアタッカーが年齢的にピークをすぎたことを認める。さらに今季開幕前に、彼らふたりの代わりとなるアタッカーの補強を求めたが、叶わなかったことをほのめかした。
 
 一方で、「ただそれでもふたりのプレーの質は高く、今オフに補強した選手のなかでは特に前線でのボール運びにおいて勝る者はなく、ふたりを超える選手がいないというのが現状だ」とした。さらにもう一点、「レアンドロは技術面では依然としてチームトップの選手。しかし彼ひとりでは試合はできず、彼とのコンビネーションが重要になるが、連係に長けた野村や永田といった選手がチームを去り、田所もまだ怪我の最中という状況で、北爪との右サイドの崩しも北爪がまだ本調子でない点などに難しさがある」と述べた。

 当の北爪は、「彼らを助けられていない周りの問題。ふたりのコンディションが悪いとも思わない」と語る。ともに苦しんでいるチームメイトにかける言葉としては当然だろう。しかしながら「セットプレーが決まってほしいです。相手チームにとって去年ほどの怖さがないのは確かだと言わざるを得ないので」とも残した。
 
 前線で確かな技術でイバとL・ドミンゲスをサポートする松浦も「去年のふたりを知らないので、答えにくい質問です」と前置きしつつ、「彼らをどうやってフリーにするのか、それは自分たちの課題」と口を揃える。
 
 ふたりのアタッカーの不調について聞かれると「(やはり)そう見えますか?」と苦笑いで答えたのは佐藤。ただ佐藤も「あのふたりだけの問題じゃなくて、あのふたりをいかに自由にするか考えないと。あとは、相手チームがウチのやり方をわかってきたなかで、“レアンドロがドリブルで抜けだしたらファウルで止めればいい”みたいな安直な雰囲気がある。レフェリーにはカードをしっかり出してほしいです。試合の序盤だから出しにくいとかじゃなくて」と、ジャッジにも注文をつけた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ