【川崎】「奮い立たせてくれる」怪物ドリブラーが入団内定会見で明かした小川航基からの刺激

カテゴリ:Jリーグ

林 遼平

2019年04月26日

小川航基の活躍が自分を奮い立たせる要因に

イサカは小川(写真)に負けるつもりは毛頭ない。日々精進を積み重ね、さらなる飛躍を期す。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「ライバルとまでは思っていないけど、彼が活躍するたびに自分の刺激になりました。もっと頑張らなくてはと奮い立たせてくれる存在だと思います。やっぱり小川が活躍するところを見て、常に自分を奮い立たせていたし、もっと自分のレベルを上げたいと思っていた。そういうところもあって、常に『そんなに遊んでいる暇もないだろう』と自然と考えられるようになっていました」

 今後、プロの舞台で同級生のふたりがマッチアップする場面もあるだろう。そのためには「追いつき、追い越していけるように、まずは自分が頑張っていきたい」と語るように、イサカ自身が川崎で立ち位置を確立していかなければならない。
 
 そして、その先には東京五輪、日本代表という舞台が待っている。
 
「自分は一つひとつ、目の前の目標をクリアしてきたタイプなので、大きい将来的なイメージは持っていなかった。だけど、やはりこういうチームに入っていくからには日本を代表する選手になっていきたいと思う。(東京五輪は)周りにそこを目指している選手がいるので、自分も諦められないという思いがあります」
 
 来季の加入に向けてイサカは「高卒からプロの舞台に行き、高いレベルでやれることは大きいかもしれないけど、大学にも大学でしか得られないものがあると思う。そういった部分では劣るものはないと思う」と力を込めた。
 
 まずは残りの大学生活でさらなる成長を遂げる。その上で、川崎の熾烈なポジション争いに挑む。「判断力や技術がもっと良くなれば、もっと違う自分を見られるかもしれない。そういった部分ですごく楽しみ」と前を向く男は、プロへの第一歩を踏み出そうとしている。

取材・文●林 遼平(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ