異色キャリアのGMが語る“リアル”南葛SCの舞台裏 Vol.3――5年後にJリーグ入り…実現できたらオファーしたい選手とは?

カテゴリ:特集

長沼敏行(サッカーダイジェストWeb)

2019年05月07日

「5年後くらいまでにチームがJ3に上がれたら、ダメ元でオファーしてみたい」

南葛SCの未来について語る岩本GM。果たしてイニエスタへのオファーは実現するのか? 写真:田中研治

画像を見る

「新スタジアムに関しては今年動いて、来年には“決定”という形にもっていきたい。2024年頃までにできたら凄いですね」と展望を語る岩本GM。新スタジアムが完成するまでは、新国立競技場を含め、他の東京のスタジアムを使用していきたいという。
 
 そして、悲願のJリーグ入りについて、岩本GMは何年先を想定しているのだろうか。
「高橋先生も10年でJ1へということを言っていて。上に6カテゴリーあるので簡単じゃないのは分かっていますが、実際に上がるかどうかは運も左右するので、それくらいの気持ちじゃないと。J3までの4段階を6年という感じでいかないと10年でJ1は難しいですよね。上に行けば、今度はより資金力のあるクラブばかりになりますから」
 
 東京都1部では他を凌駕する資金力を誇る南葛SCだが、関東リーグ1部でJリーグを目指すクラブと比較すると、予算規模ではまだまだ見劣りするという。現在のところは、高橋代表からの資金提供に頼る部分も大きいが、今後はさらなるスポンサー収入も重要になってくる。そうした点では、「去年は(GMに就任して)時間がなかったので、あまりスポンサーセールスもできなかったのですが、今年はそこの収入も増えています」と、見通しは明るいようだ。
 
 そうなると、今後も大胆な補強策を進めながらチームを強化していくことになるのかといえば、決してそうではないという。
「今の選手たちに関しては、ふたつ上のカテゴリーでも戦えるという認識で捉えています。今シーズンは確かにかなり選手を入れましたけど、来シーズンに関しては監督・コーチと話し合いながら、補強ポイントを絞って、ということになると思います」
 
 チーム強化については、今後しばらくは継続性を重視し、福西崇史監督のもとで“つないで崩す”スタイルを浸透させていく方向だ。また、「選手たちにも、少なくともJ3に上がるところまでは一緒にやっていこうよと話しています」と言う通り、現有戦力への期待値は高いのだ。
 
 そして今季はまず、Jリーグ入りへの最初の関門となる関東リーグ昇格を目指すことになるが、岩本GMは将来的に「実現できたら嬉しい」という夢があると語ってくれた。
 
「先日、高橋先生が生まれ育った最寄りの四ツ木駅の『キャプテン翼』特別装飾記念イベントに、イニエスタが来てくれたんですが、彼は大ファンなんですよね。今年35歳になりますけど、もし5年後くらいまでにチームがJ3に上がれたら、ダメ元でオファーしてみたいですね。最後の1シーズンだけ、南葛のユニホームを着てプレーしてくれないかと言ったら、可能性もなくはないかなと(笑)」
 
 初参戦となるJ3の舞台、新スタジアムのこけら落としで、イニエスタが躍動する――。果たして、そうした夢を実現できるほどに、南葛SCは順調な足取りで、Jへのステップを駆け上がれるだろうか。この先のチームの奮闘に注目したい。
(このシリーズ了)
 
取材・文●長沼敏行(サッカーダイジェストWeb)

Supported by KLabGames

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ