最高点は中島翔哉と代表デビューのニューフェイスに! 伊メディアがボリビア戦での日本代表全選手を採点!!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月28日

「中島が入るだけで、日本はただの"水"から"ワイン"に変わった」

中島は堂安とともに投入され、南野もまじえたコンビネーションで決勝点を生んだ。 (C)Getty Images

画像を見る

MF 宇佐美貴史(採点5.5)
「ロシア・ワールドカップ以来の代表入りとなった。デュッセルドルフでの調子もあまり良くない彼は、エキサイティングなプレーを披露することはなかった。いくつかいいパスはみせたが、日本の攻撃に推進力を与えられなかった」

MF 乾 貴士(採点5.5)
「この試合の前半、もっともアクティブに動き、違いを生み出そうと、ドリブルやオフザボールの動きで工夫していた。日本が最もゴールに近づいた瞬間は、乾を通じて生まれたものばかりで、25分の決定機のほか、58分にも彼が関わったプレーから、鎌田の絶好機が生まれている。その一方で、ボリビアの守りが良かったとはいえ、いくつかの好機を逸したのも彼である」

MF 香川真司(採点5.5)
「主将として先発出場したが、多くの見せ場を作ることはなかったし、背番号10に期待される、決定的なシーンに関わることも少なかった。この代表戦2試合では、ネガティブな要素が多かったことは否定できないだろう」

MF 鎌田大地(採点5.0)
「シント=トロイデンで素晴らしいシーズンを送っている彼が、代表初招集というのが驚きだ。通常はセカンドストライカーもしくはトップ下でプレーするが、今回は“偽の9番”に配置された。だが、これはうまくいったとは言い難い。不意に訪れたチャンスは、GKによって阻まれた。中島、南野、堂安がそろい踏みした後半でさえ、チャンスを活かすまでには至らなかった」

<サブメンバー>

MF 中島翔哉(採点7.5/MOM)
「彼がピッチに現われるだけで、日本代表チームはただの“水”から“ワイン”へ変化した。素早い判断とドリブル、そして試合を決めたカウンターからの76分のゴール。彼のパスは守備陣を切り裂き、クロスは味方をも惑わせる。クロスバーを叩いたシュートなどを含め、試合終了まで最も攻撃的な選手だった。そしてそれは、中島がこのチームのエースだという証拠に他ならない」

MF 堂安律(採点6.5)
「後半に中島とともにピッチに立ち、右サイドの攻撃を活性化させて、ボリビアに脅威を与えた。中島、南野とのコンビネーションにおいて、彼はいくつかの決定機に絡んだ。まだ20歳ながら、彼はすでに先輩の宇佐美よりも、上のレベルに到達しているといえる」

MF 南野拓実(採点6.0)
「香川と交代し、攻撃を活性化。中島へのパスは決勝点を引き出したが、自らのチャンスをモノにできなかったことは残念だった」

MF 柴崎岳(採点6.0)
「普段と変わらない、彼らしいパフォーマンス。小林よりも、的確なパスを出すことができていた」

DF 佐々木翔(採点6.0)
「彼が登場してから、ボリビアは右サイドからの攻撃を阻まれた。チャンスに絡む意志もみられた」

FW 鈴木武蔵(評価なし)
「最後の交代枠で登場。だが、チャンスでゴールできなかった」

監督 森保一(採点6.0)
「ホームで、最低限のハードルをクリアした。コロンビア戦からスタメンを総入れ替え。守備面ではうまくいったかもしれないが、攻撃面ではボリビアを崩すことはできなかった。ニューフェイスの橋本、畠中がうまくいったことは喜ばしいが、鎌田や鈴木の使い方は今後、一考の余地あり」

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ