【独占インタビュー】武藤嘉紀 「見失わないスタンス」

カテゴリ:特集

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年09月24日

「代表定着、ひいては不動のレギュラーになりたい」

ベネズエラ戦の先制弾は、アギーレ体制でのファーストゴール。インパクトを残した22歳の若武者は、代表定着を当面の目標に邁進する。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

――武藤選手の目に代表の4-3-3システムはどう映りましたか?
 
「今季のFC東京も同じシステムをメインに戦っていた時期がありますが、慣れるまでだいぶ苦労しました。そのフォーメーションの特性なりを理解し、いきなりプレーで表現するのは難しいです。ただ、攻撃面で真ん中にボールが入った後のサポートは、チームとしても結構できていたはずです」
 
――オフ・ザ・ピッチでは、先輩たちに可愛がられていました。前日練習のミックスゾーンでも、吉田選手にいじられていましたよね。
 
「吉田選手に限らず、他のみんなともコミュニケーションを取れました。親密になるところまではいきませんでしたが、プレー面について自分の意見をある程度は言えましたし、逆に要求もされました。ピッチを離れれば、いじくってくれる選手もいたので、そういう意味で幅広く接することができました」
 
――コミュニケーションの面ではFC東京のチームメイトである森重選手がいてくれて、助かったのでは?
 
「だいぶ助かりました。間に入って、他の選手との仲を取り計らってくれたりしてくれましたからね。代表チームのスタンスについても教えてくれましたし、自分の足りない部分をストレートに指摘してくれました。クラブのチームメイトがいる、いないではかなり違います」
 
――武藤選手がゴールを決めた時は森重選手も喜んでいました。なにか声をかけられていましたよね?
 
「あっ、なにか言っていましたね。はっきり聞こえませんでしたが(苦笑)。ただ、ふたりで『イェイ!』とハイタッチしたのは覚えています」
 
――代表活動での反省材料は?
 
「先ほどの話と重複するかもしれませんが、自分の持ち味を出すためには他の選手にそれを分かってもらう必要があります。裏に抜け出すプレーが得意なのを理解してもらうには、練習からそこをアピールしないとダメですね。ある程度の図々しさは求められるかもしれません」
 
――そういう機会は十分あったのでは? 先ほど「プレー面については自分の意見をある程度は言えた」と答えていましたよね?
 
「もちろん口では言いましたが、試合になれば難しい部分があります。代表に入る前まで一緒にプレーした選手がほとんどいないので、向こうからすれば『武藤は何者?』となるわけです。そんな状態で試合をして、味方が敵の最終ラインの裏にロングボールを狙う場面があったとしたら、たとえ僕が『少し厳しいボールでも追いつく自信はある』と思っていても、出し手が『五分五分のボールを蹴っても大丈夫なのか?』と判断に迷えばプレーは成立しない。だから、もっとアピールしないとパスを引き出せないですし、すべては自分次第。代表に呼ばれるチャンスがあれば、次はもっと大きな信頼を勝ち取りたいと思います」
 
――とはいえ、あのゴールで武藤選手の名前は全国区になったはずです。世間では、「武藤フィーバー」なる現象が起きていますが。
 
「正直、戸惑う部分はあります。持ち上げられることが嬉しい半面、不安もありますから。決めたのは、たかが1ゴール。代表に定着しているわけでもないので、そっと見守ってほしい気持ちはありますね。ただ、注目されることで一流選手になれると、本田選手も長友選手も今回の合宿で言っていました。トップレベルになるには、そういうプレッシャーに打ち勝つ必要がある。それがトッププレーヤーの宿命だとアドバイスされたので、重圧をプラスの力に変えないといけません」
 
――代表合宿を経て心境の変化は?
 
「だいぶあります。選出直後は『試合に出られればいいな』という程度でした。チームに関われるだけで光栄だったので。ただ、2試合に途中出場して、今は欲が出てきました。自分のレベルをもっと引き上げて、代表に定着、ひいては不動のレギュラーになりたいと。真剣にそう考えるようになりました」
 
――シーズン開幕前は「FC東京の試合メンバー18人に入れればいいです」と控えめに言っていた武藤選手が、今やクラブでは不動のレギュラーとして活躍しています。この半年間の成長は素晴らしいですよね。
 
「目の前に大きすぎる目標を置かないようにしています。急激なスキルアップは現実的にできないはずなので、とりあえず達成可能な目標を掲げて、それをクリアしたら次のステップに行く。壁をひとつ壊したら、次の壁を作って、またそれを壊して乗り越える。コツコツ積み重ねるやり方が、ここまでは上手くいっていると思います」
 
――代表での次の目標はやはり、スタメン出場?
 
「まずは定着ですね。今回呼ばれた時は(香川と原口が怪我で招集を見送って)補欠当選とも言われましたが、『いや、武藤は代表チームにいて然るべきだ』と言われるようになりたい。仮に定着できれば、次はレギュラー、その次はエースと高みを目指していきたいです」
【関連記事】
【マッチレポート】日本 2-2 ベネズエラ|「新しい血」が躍動! 武藤、柴崎が代表初ゴール
【日本代表 コラム】船出の2連戦で何が見えた? アギーレ率いる新生JAPANの未来とは――
【日本代表】武藤嘉紀|虚像はいらない――むしろ有意義だった「ポスト直撃弾」
【日本 対 ベネズエラ】週刊サッカーダイジェストの寸評・採点
【日本 対 ウルグアイ】週刊サッカーダイジェストの寸評・採点
【日本代表】注目の大学出身ルーキー皆川、武藤と、同世代の柴崎を「フィジカル」的側面から分析!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ