【広島】ACL・チェンライ戦で新システムは不発…司令塔・川辺駿は現状打破のキーマンとなれるのか

カテゴリ:Jリーグ

寺田弘幸

2019年02月22日

川辺は開幕戦で城福監督の期待に応えられるか

今季、城福監督は3-4-2-1を採用。攻撃の中心として川辺には大きな期待を寄せている。(C)Getty Images

画像を見る

 川辺本人が自覚していたように、選手間の距離を改善していくためにコミュニケーションは欠かせない。そのやりとりの輪の中心になって課題をクリアしていけば、川辺のさらなる成長にもつながるだろう。乗り越えていく課題が明確になったという意味で、リーグ開幕前にチェンライ戦を戦えた意味は大きかった。
 
「開幕戦はまた違った雰囲気になると思いますけど、うまくコンディションを調整して試合を迎えたい。リーグ戦を落とすと非常に痛いですし、34分の1試合ですけど、重要な試合になるのでしっかりと勝点3を取りたいです」(川辺)

 そう見据えた開幕の清水戦まで時間は多くない。そのなかで、アタッキングゾーンの侵入経路を増やすために川辺がどんな働きかけをしていくのかに注目したい。

取材・文●寺田弘幸(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ