【広島】ACL・チェンライ戦で新システムは不発…司令塔・川辺駿は現状打破のキーマンとなれるのか

カテゴリ:Jリーグ

寺田弘幸

2019年02月22日

青山不在のチームで舵取り役を担う川辺に課せられた役割は?

ACLプレーオフのチェンライ戦はボランチでスタメン出場を果たした川辺。思うようなプレーができなかっただけに、開幕戦ではその鬱憤を晴らせるか期待が懸かる。(C)Getty Images

画像を見る

「とにかく勝ててよかったです」。
 
 PK戦の末に勝利を収め、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の本大会出場を決めたチェンライ・ユナイテッド戦を終えてホッと息をついた川辺駿は、続いて課題を口にした。
 
「チャンスがあったので決め切ることが必要な試合だったと思うし、自分たちにとって課題のところ、物足りないところが出た試合になったと思う。クロスだけじゃなく、もっと中の崩しのところで選手間の距離間の良さが必要かなと思います」

 松本泰志とダブルボランチを組んだ川辺は、あらゆる局面に顔を出してボールをテンポよく動かして攻撃をオーガナイズ。だが、一発勝負の負けられない一戦であったため、「常にリスク管理もしないといけない状況だったんで、ボール回しもぎこちなくサイドをメインにするしかない状況だった」。とはいえ、アタッキングエリアの侵入方法はサイドがほとんどで、中央からの崩しがなかったことに物足りなさを感じていた。
 
 もっとも、そこはプレシーズンから危惧してきたところでもある。
 

「距離間の話はキャンプの時からしてきましたけど、もっともっとしていかないといけないと思います。公式戦をやったことで課題が明確になったというか、距離間が悪いなとあらためて思った。よくなる努力をしなきゃいけないと思います」(川辺)
 
 2年目の指揮を執る城福浩監督は、昨季の主戦フォーメーションだった4-4-2から3-4-2-1へシステムを変更。その理由はポゼッションの向上を図り、自分たちでゲームをコントロールするためだ。主導権を握る時間を増やす狙いを持って、新シーズンに向けた準備を進めてきた。
 
 そして、チームの支柱である青山敏弘が負傷離脱しているなか、20歳の松本泰志とともにその中心にいるのが川辺である。指揮官は「彼らのクオリティはすごく期待しています」と信頼を寄せる一方、「駿らしくチームを引っ張っていってほしいと思いますけど、もう一皮剥けていく努力もしてもらいたい」と、中心選手となるためにさらなるブレイクスルーも期待している。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ