東北新人大会の決勝で圧巻2発!青森山田の韓国人ストライカーが新チームのエースに名乗り

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2019年01月28日

「プロになって、国を代表するFWになりたい」(キム・ヒョンウ)

元々はサイドハーフだったキム・ヒョンウだが、今大会はFWで出場。将来はJリーグやKリーグで活躍する点取り屋になりたいと意気込む。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 プレー面もこの2年間で大きく成長。身長が伸びたことで力強さが増し、持ち前のスピードにも磨きが掛かった。さらに雪中トレーニングでメンタル面も鍛えられ、見違えるほど逞しくなった。「周りが見えなくなる癖がある」と正木昌宣コーチは課題を口にしたが、キム・ヒョンウは自身の成長に手応えを感じている。
 
 今年は昨年の檀崎竜孔(札幌)のような得点源を擁していない。東北新人大会で存在感を示したキム・ヒョンウがその役割を担えるようになれば、青森山田にとってプラスとなる。「プロになって、国を代表するFWになりたい」と意気込む韓国人ストライカーは、自身の夢を叶えるためにもゴールを量産して、チームとともにさらなる飛躍を期す。
 
取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ