【セルジオ越後】今の日本には"貫禄"がない。主力の疲労も含めて、イラン戦への不安は募るばかりだ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月25日

ベタ引きして守る戦い方をすると、イランには点を取られる可能性が高い

 結局、日本に不足しているのは攻撃のアイデアや決定力だろう。準々決勝までの5試合を振り返ると、ボールは回せるけど、そこから先の展開が乏しい。サイドから仕掛けても中央で仕上げる選手がいないから、パスワークで崩そうとするけど、それも上手くいっていない。それに、仕掛ける選手が少なくてパスに偏りがちなのも、攻撃の迫力不足につながっている要因だろう。
 
 昨日はイランの試合も見たけど、彼らは一味違ったね。攻撃の厚みも、守備の厳しさも、空中戦も迫力があった。豊富なバリエーションを持っているチームだったよ。加えて、控えが入っても力が落ちなかった。レギュラーを務める17番のタレミが累積警告で準決勝に出られなくなったけど、途中出場の選手が点を取っている。みんな個人で仕掛けられるし、チームとしてのパスワークもある。セットプレーでもチャンスを作っていたね。さらに言えば、GKのレベルも高い。イランはここまで5試合で無失点だ。準決勝は、日本が耐えてワンチャンスを狙うという展開が予想されるよね。
 

 ベタ引きして守る戦い方をすると、イランには点を取られる可能性が高い。ただ、日本は今から戦い方を変えることはできないんじゃないかな。準々決勝までと同じように、耐えてワンチャンスを狙うことになるはずだ。もしかすると、サウジアラビア戦のように20パーセント台というポゼッション率になるかもしれない。
 
 まあ、何が起きるか分からないのがサッカーだから、それでも勝つ可能性はゼロではない。ここでイランに勝って決勝に行ってくれればいいけど、ハラハラドキドキの試合は避けられないだろうね。次が決勝という気持ちで挑んでほしい。
 
 イランはワールドカップ予選でほとんど当たらない国だから、日本が本当に強くなっているかが問われる試合になる。イランに勝ったら、おそらく決勝では韓国との対戦になるだろう。彼らを倒してこそ、真のアジアの王者と言えるわけだから、本当にここからが正念場だよ。
【関連記事】
【イラン戦の予想スタメン】満を持して大迫が先発復帰か。今大会最大の難関にはベストメンバーで挑みたい!|アジア杯
「日本が守備的? とんでもない話だ!」イラン代表監督が森保Jと日本サッカーをベタ褒め!|アジア杯
「日本こそが最強!」「なんという一体感だ」英国誌記者が森保ジャパンのアジア杯制覇に太鼓判!
「公式戦20戦で完封17回!」鉄壁すぎるイラン守備網を森保ジャパンは崩せるのか?|アジア杯
【ベトナム戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ