【イラン戦の予想スタメン】満を持して大迫が先発復帰か。今大会最大の難関にはベストメンバーで挑みたい!|アジア杯

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年01月28日

大迫はベトナム戦の後半に戦列復帰

イラン戦の予想スタメン。CFの先発は大迫か。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1月28日、日本は準決勝で難敵イランと対戦する。相手はグループリーグからの5試合を12得点・0失点と、圧倒的な強さで勝ち上がってきた今大会の大本命だ。
 
 森保一監督は、決勝トーナメントに入ってサウジアラビア戦とベトナム戦で基本的にスタメンを変えなかっただけに、疲労が心配されるが、「決勝戦の思いで臨む」と吉田麻也が語ったように、最大の山場となるであろう一戦にはベストメンバーで臨みたい。
 
 気になるのは右臀部の負傷で別メニュー調整が続いた大迫勇也のコンディションだ。準々決勝のベトナム戦後には森保監督は「今日の時点で90分のプレーはできないと聞いていた」と説明したが、72分からピッチに送り出し、準決勝に向けての試運転は済ませた。それだけに勝負のイラン戦では満を持してスタメン復帰するのではないか。
 
 その相棒の最右翼は南野拓実だろう。ここまで無得点と結果は残せていないが、動き自体は悪くない。さらに森保ジャパン発足以降、大迫とまずまずのコンビネーションを見せており、計算も立ちやすい。一方でフィジカルの強さを誇るイラン守備陣に対抗し、武藤嘉紀を起用する選択肢もあるだろう。
 
 中盤はボランチに柴崎岳と遠藤航、2列目に原口元気、堂安律という従来のメンバーが並ぶはずだ。鍵を握りそうなのは柴崎と遠藤のダブルボランチで、4-1-4-1のインサイドハーフを務める相手のキャプテン、アシュカン・デヤガーらを抑えられるかがポイントになるだろう。
 
 柴崎岳は「非常にフィジカルが強い相手ですし、高さもあって、技術もアジアのトップクラスのチームだと思います。良いチャレンジになるはずです」と気を引き締め、遠藤は「タフで厳しい試合になると思いますが、日本代表は我慢強く戦えているので、チームとしても個人としても良さを出せる準備をしていきたいです」と意気込んだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ