韓国のエース、ソン・フンミンを超える逸材も!? アジア杯で台頭した衝撃のライバルたち

カテゴリ:日本代表

加部 究

2019年01月18日

日本を脅かす可能性を示したカタールとウズベキスタン

日本に敗れたものの、ウズベキスタンはシディコフ(22番)など、才能ある若手を数多く抱えるチームだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 だが近未来で本当に日本を脅かす可能性を示したのは、韓国、イランなど常連国を除けば、カタールとウズベキスタンである。

 特に次回ワールドカップ開催国カタールの攻撃陣の身体能力はアジアのレベルを超越している。逆に弱体化が顕著な北朝鮮は、個の競り合いの局面などでは完全に翻弄された。得点王争いを独走するアルモエズ・アリは、すでにフィニッシュの上手さ、強度、アジリティなどを含めた決定力では、ソン・フンミンを凌駕しているかもしれない。カタールは日本とは対照的に選手の輸入国なので、全員が国内でプレーし、それをスペイン人のフェリックス・サンチェス・バスが指揮している。日韓ワールドカップ当時の日本に似て、強化試合や合宿が自在に組み込めるので、短期的な代表強化には適している。中東開催も利点で、同グループのサウジアラビアとの力の差も明白。軽率な行為等で主力が出場停止などのアクシデントがなければ、頂点まで駆け上がる爆発力も秘めている。
 
 また若い世代の底上げが著しいウズベキスタンも大きな伸びしろのあるチームだ。日本戦は後半意識的に左サイドを崩されてから劣勢に回ったが、逆に攻撃に出る局面では主導権を握った。槙野智章を楽々と振り切ったショムロドフはすでにロシア(ロストフ)で活躍中のアタッカーだが、まだシディコフ、ハムダモフ、アリバエフら優れた素材が目白押しで、今後はJリーグの重要な取引先として注目を集めていきそうだ。

文●加部 究(スポーツライター)

【日本代表PHOTO】日本2-1ウズベキスタン|森保ジャパン、先制点を許すも武藤、塩谷の得点で逆転勝利!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ