【松木安太郎】3連勝の森保ジャパンが気を付けるべき”落とし穴”。2試合で先制されているのは気がかりだ

カテゴリ:日本代表

松木安太郎

2019年01月18日

伸びシロのある選手がいるのは、長い大会を戦ううえで重要

ウズベキスタン戦で決勝点を挙げた塩谷(中央)のような日替わりヒーローが現われるとチームは勢い付く。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 大会前から森保監督が目標にしていたグループ1位通過を果たしたね。今回のアジアカップは、決勝まで7試合を戦う長丁場。選手層の厚さが求められるなかで、ウズベキスタン戦でサブ組を起用しながら3連勝を飾ったのは最高の結果だよ。
 
 ウズベキスタン戦は経験豊富な選手がチームを助け、自分の役割をしっかりこなしていたよね。選手みんなが良いところを出して、試合のなかでチームとして成長していく様子がうかがえた。
 
 先発を10人も変えたのは驚きだったけど、不安を抱えてプレーしていた選手は誰もいなかったと思う。グループ1位のウズベキスタンを、2位の日本が追う立場だったのが良い方向に出たね。日本は相手をリスペクトし、まずはしっかり守備から入れた。前線の選手もプレスをかけて相手の攻撃をケアしていたんだ。
 
 先発した選手は、「俺は先発でも十分にいけるんだ」という想いをみんな持っていたと思う。それが勝利という形で表現できたのは、チームとしての成長につながるね。
 

 選手個々に目を移すと、北川は今までの試合よりも持ち味を出していたよ。得点には絡めなかったけど、使われるポジションがトップ下というのもあってイキイキしていた。相手DFのマークを引き付けて、他の選手のためにスペースを作ってチームに貢献していたよね。
 
 同点弾をアシストした室屋も、それまでバックパスが多かったなかで、あの場面で勝負したから相手の裏を突けた。クロスの質も良かったよ。伊東や乾も攻撃面だけでなく、守備でもしっかりとタスクをこなしていた。サブ組が試合に出ると自分のアピールばかりに気持ちが行きがちだけど、まずは全体のことを考えながらプレーできる選手が多かったのも好印象だ。
 
 先を考えると、こういう選手たちが少しずつチームに溶け込むことが、総合力アップにつながるからね。北川あたりは、この先の一番大事な試合で点を取るような気がしているよ。
 
 チームにそういう伸びシロのある選手がいるのは、長い大会を戦ううえで重要だよね。いつも同じ選手が点を取るのではなく、日替わりでヒーローが現われるとチームは勢い付く。ウズベキスタン戦では塩谷が素晴らしいミドルを決めて勝利に貢献したようにね。そういう意味でも、控え組を起用したウズベキスタン戦をモノにできたのは、大きな前進になったんだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月14日号
    10月24日発売
    2019年J1&J2全40クラブ
    先取移籍マーケット
    冬の補強戦略
    U-17W杯開幕ガイドも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ