• トップ
  • ニュース一覧
  • 【松木安太郎】3連勝の森保ジャパンが気を付けるべき”落とし穴”。2試合で先制されているのは気がかりだ

【松木安太郎】3連勝の森保ジャパンが気を付けるべき”落とし穴”。2試合で先制されているのは気がかりだ

カテゴリ:日本代表

松木安太郎

2019年01月18日

一番苦労するのがトーナメント1回戦になる可能性がある

決勝トーナメントでは、徐々にチームに慣れてきた北川に期待だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 選手たちが状況に合わせてプレーしていたのもポジティブな要素だよ。「この時間帯は守備だ」となれば前線の選手は戻ってきていたし、逆転した後に相手が前に出てくるのを逆手にとってカウンターも出せていた。臨機応変をモットーとする森保監督の戦術的意図が、サブの選手にも伝わっているということだ。
 
 改めてグループリーグの3試合を振り返ると、PKの1点で勝った2戦目は、結果が逆でもおかしくない試合だったね。準々決勝からはVARが採用されるから、原口がPKをもらったシーンや長友のハンドが見逃されたシーンなんかは判定が覆るだろう。
 
 ただ、一番の反省点は、初戦のトルクメニスタン戦で2失点したこと。1点は相手のミドルシュートが素晴らしかったけど、終盤に与えたPKは避けなければいけない失点だった。

 もうひとつ言えば、トルクメニスタン戦とウズベキスタン戦で、ともに先制点を与えたのも課題だ。決勝トーナメントでは、先制点がすごく大きな意味を持つ。しっかり修正していかないと厳しくなるよ。3連勝で1位通過というプラン通りに進んでいるだけに、一番苦労するのがトーナメント1回戦になる可能性がある。そこは気を引き締めてほしいね。
 
 次の一発勝負は、サウジアラビアが相手だ。力のあるチームだからね。ここを抜けると先が見えてくるよ。日本は良い形でチーム力も上がってきているから、何とか優勝という答えを残してほしい。どの選手が起用されても、勝ちにこだわった戦い方ができるように、良い準備をしてノックアウトラウンドに向かってもらいたいね。
【関連記事】
【ウズベキスタン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、松木安太郎、採点&寸評、プレー分析、PHOTOギャラリーetc.
「日本を尊敬しているが恐れてはいない」決勝Tで対戦するサウジアラビア代表監督が日本戦に言及|アジア杯
日本の1位通過を喜ぶ韓国メディアの本音「決勝までイラン・日本と当たらない」「日本は“優勝候補”に挙げられていたが…」
【ウズベキスタン戦|戦評】“控え組”が示した意地。勢いに乗る一勝も、真の総合力が問われるのは次戦以降だ
「トップクラスの気品を示した」首位通過の森保ジャパンを海外メディアが激賞! 同点弾の武藤嘉紀にも賛辞|アジア杯

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ