【セルジオ越後】グループリーグは勝って当たり前。FWが大迫頼みなのは心許ないね

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月14日

最大で7試合を戦う長丁場。コンディショニングに不安が

前半に多くのチャンスを迎えた南野。どれかひとつでも決めていれば、展開は変わっただろう。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 優勝を目標とするチームとしては、内容は物足りないよ。試合が終わった後の選手のインタビューがすべてだ。「勝点3を獲れたけど、内容は良くなかった」という試合が2試合も続くのは、やっぱり心許ないよ。
 
 確かに、日本は怪我人や体調不良で、盤石の編成ではなかったかもしれない。現地入りしてから中島や守田が怪我で離脱したし、遠藤は体調不良で初戦を欠場している。それはエクスキューズになるけど、一方で不安要素でもあるよね。要はコンディショニングに不安を抱えているということだから。アジアカップは最大で7試合を戦う長丁場なだけに心配は募るよ。
 
 また、気になったのはオマーン戦後の選手の発言だ。吉田がインタビューで「次の試合はこれまで出ていない選手を使うだろう」と、監督みたいな言葉を残していた。裏をかく意図があるならいいんだけど、試合後の記者会見でああいうことをしゃべってもいいのかなと思ってしまうね。

 力の差を考えれば、グループリーグは勝って当たり前。他のグループを見ても、おおむね予想通りの展開でしょ。初戦でオーストラリアを下したヨルダンが突っ走っているのがサプライズになっているくらいで、韓国もイランもしっかり勝っている。今回のアジアカップは出場国を24に増やしたけど、アジア全体のレベルが上がったわけじゃないからね。いつものアジアカップと同じ結果になるのは予想できたよ。本番はこれからだ。
 
 大会日程を見ると、実は2位抜けのほうがスケジュールは楽になるのは釈然としないけど、日本としては負けて2位狙いという戦い方はしないだろう。
 
 決勝トーナメントでは相手のレベルも上がってくる。大会を決勝まで勝ち進むには選手層の厚さが必要になるし、森保監督の手腕も問われることになる。その意味でも、大事なのは第3戦の使い方だ。主力を休ませて出場機会の少ない選手を使えば、決勝トーナメントへ向けた準備は進む。一方で、内容に不安を抱える主力のパフォーマンスを上げるために、何人か選手を継続して先発させるという判断もあるだろう。森保監督は、どちらの選択肢を選ぶのか。まずはウズベキスタン戦にどんなメンバーを起用するのか注目したいね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ