「100%PKだったと思う」日本の第2戦、主審の判定に海外メディアもオマーン監督も疑問符|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月14日

「納得できる出来ではない」

物議をかもした長友のハンド疑惑。オマーン側は「100%PKだった」と見解を示しているが……。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 最も手厳しく批判したのは、ノルウェー・メディアの『Nettavisen』だ。結果はどうあれ試合内容をについては、「物議を醸すペナルティが日本を後押しした」と評した。

「アジアカップでこれまで4度の優勝を果たしている日本は、日曜日のゲームでいくつものチャンスを無駄にした。開始たった2分で原口元気のシュートがバーを直撃し、南野拓実はいくつかの素晴らしいチャンスを逃した。原口がアフメド・アルマハイジリと接触した際、チームは主審から”援助”を得た。テレビの動画では、両者に接触はほとんど確認できなかった。

 そしてハーフタイム直前、長友佑都の“ハンドブロック”でシュートを防がれたオマーンが主審によってペナルティを否定された際、オマーンは穏やかでいられるはずもなかった。試合後に、オマーンのピム監督は『100%ペナルティだったと確信している。日本のようなチームに対しては運も必要だが、我々は何も得られなかった』と語っている。

 日本は5度目の優勝を目指す大会で2連勝したが、まったく納得いくような出来ではないだろう」

 結果として決勝トーナメント進出を勝ち取った日本。だが、海外メディアも指摘している通りに納得がいく出来とは言い難いところだろう。ちなみに本大会ではVARの導入を準々決勝から予定している。大会が進むにつれ、海外メディアのいう今日のような”幸運”は期待できなくなる。

 次なる戦いは17日に行なわれる第3戦のウズベキスタン戦。日本代表がどう挑むかが注目される。

【日本代表PHOTO】日本1-0オマーン|森保ジャパン、PKの1点を守り抜きグループステージ連勝!決勝T進出を決める

【サポ―ターPHOTO】日本大好きロシア人カップルにサムライ?!ユニークな両国サポ―ター特集♪

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ