【セルジオ越後】過保護にされてきた森保ジャパン。公式戦でフタを開けたら「普通のチーム」だった

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月10日

中島がいても、南野や堂安が十分に機能していないのだから…

堂安は1ゴールこそ挙げたものの、前半はトルクメニスタンのタイトな守備に苦しんだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 森保ジャパンは、これまで何かと持ち上げられ、過保護にされてきたけど、いざ公式戦でふたを開けてみたら、見どころの少ない「普通のチーム」だった。少なくとも僕にはそう見えた。

 堂安も1点は獲ったけど、代表のエースやスターになるにはまだまだ足りない。南野は消えてしまうことが多かったし、2点を獲った大迫にしても、相手がもっと押し上げられるチームだったら、容易には点を獲れなかっただろう。

 2失点とも中盤でのプレッシャーが働いていなかったことを考えれば、急造のボランチコンビも機能していなかったと言わざるを得ない。

 大会直前に離脱した中島がいれば、という議論もあるかもしれないけど、仮に中島がいても南野や堂安が十分に機能していないんだから、彼だって実力を発揮できる保証なんてものはないだろう。
 
 結局、去年はメディアが騒ぎ過ぎた面もあって、日本の本当の実力はまだまだ未知数だ。攻撃でも守備でも輝けなかった柴崎はこの程度のものなのか、この相手に1点も獲れなかった南野にはもう勢いがないのか、2失点も喫した吉田、槙野のディフェンスラインは大丈夫なのか。本当に実力があるというのなら、アジアカップで優勝して証明してみせるしかないよね。

【日本代表PHOTO】日本3-2トルクメニスタン|森保ジャパン、ハンパない大迫と堂安のゴールで初戦を勝利で飾る!

【日本代表PHOTO】灼熱のスタジアムに「清水エスパルス」のユニフォームを発見!サポーター特集♪

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ